2019-02-23から1日間の記事一覧

2016年4月からスタート! 「電力の自由化」で注目を集める事業5選

最近ニュースでよく耳にするようになった「電力の自由化」という言葉。社会に大きな転換をもたらす動きといわれていますが、実際それが何を意味するのか分からないというビジネスパーソンも多いのではないでしょうか。

「仕事が退屈なら人生楽しいわけがない」と仕事旅行社代表が語る理由

今の仕事に迷いや不安を覚えることはありませんか?「自分はこの仕事に適しているのか」「仕事に漠然とした不満がある」そんな悩みに“気づき”を与えてくれるようなチャンスがあるなら、ぜひチャレンジしてみたいもの。

秋は読書で大人磨き! 「森の図書室」室長が選ぶ、ビジネスパーソンに効く本5冊

忙しい日々に追われて、本を読む機会が少なくなってはいませんか?

【世界のスゴい20代】11億ドルで会社を売却! Tumblrの創業者、デビット・カープって何者?

「Tumblr(タンブラー)」という名前、みなさんは聞いたことがありますか? 現在世界中で1億人以上のユーザーがいるといわれる、アメリカ生まれのブログプラットフォームサービスです。

幸せを連鎖させる「アフリカローズ」 バラとの出会いで咲かせた新たなキャリア

「HAKUNA MATATA(ハクナ・マタタ)。心配ない、すべてはうまくいくから大丈夫」

私たちは暗闇で何を見いだす?「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」の体験で得る気付き

暗闇が「心地いい」という感覚を知っていますか? 「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」(以下、ダイアログ)は、完全に光を断ち切った“純度100%の暗闇”の中を8人程度のチームで進み、さまざまなシーンを体験するエンターテインメント。暗闇の探検を通じて「五…

人生を豊かにするのは「ありがとう」の連鎖 株式会社グラコネ代表・藤本真衣が提唱する、ビジネスにも生きる「繋がり」の法則とはー

「ヒトとモノと、コトを繋ぎ、新しいオモシロイをつくり出す」。そんなコンセプトの下に、海外企業の日本進出や子ども・ファミリー関係のイベント企画などを手がけている、株式会社グラコネ代表の藤本真衣さん。

アイウエアブランド「JINS」の世界一集中できるワークスペース「Think Lab」を訪問してきた

おしゃれでリーズナブルなだけでなく、ブルーライトカットなど機能性も兼ね備えたメガネを展開するアイウエアブランド「JINS(ジンズ)」。

初めてでも、難しくない!フィスコの企業アナリストに聞く企業分析で絶対押さえたいポイント

大学生時代、新卒での就職活動を行う中で「企業分析」をしたことがある方は少なくないでしょう。しかし転職となると自分の希望や条件を優先してしまい、企業分析はおろそかになりがち……なんて声も。

1時間ごとに10分の半強制運動! 運動しながら仕事をするカフェに行ってみた

デスクワークと運動。一見、結びつかないこの2つの要素ですが、最近は仕事をしながら運動できるフィットネスクラブやデスク付きのルームランナーが開発されるなど、「運動しながら仕事をする」方法が注目を集めているのを知っていますか?

「世界で最もいのちが短い国」に世界遺産をつくる! 25歳の下里夢美がアフリカで見せる胸熱ドキュメンタリー

「うちのバイトに、アフリカの貧しい国に世界遺産をつくろうとしている女の子がいるよ」

慶應卒、博報堂から…プロレスラーへ!? 自問自答の末、リングで見せる熱き生き様!

「よろしくお願いします!」。元気なあいさつとともに、取材場所に一人の男性がやってきました。冬服の上からでもわかるほどがっちりとした体つきと、赤く染めた前髪が人目をひく彼の名前は三富政行(みとみ・まさゆき)さん。28歳の現役プロレスラーです。

「雨の日は体がダルい……」梅雨のいまこそやってみて! 20代の健康法を大調査!

雨の日に「なんだかやる気が出ない」「体がだるい」「すぐ眠くなる」人はいませんか?もしかすると、それは不健康が原因かもしれません。 そこで今回は、20代の男女を対象に「自分がやっている健康法」についてアンケートを実施しました。

ストーリーを作って人の心をつかむ! 選挙を陰で支える松田馨の華麗なプランニング術

2016年から選挙権が18歳まで引き下げられました。

IPAが選ぶ、世界を変える若手エンジニア5人

いま、エンジニアが脚光を浴びています。

美味しい話には裏があるぞ。「サイゾー」が、20・30代に言いたい本音を暴露!

創刊は1999年。“視点をリニューアルする雑誌”である事にこだわり、今年で17年目を迎える月刊誌「サイゾー」(※ サイゾーをご存じない方は、こちらからweb版・日刊サイゾーをご覧ください)。

困ったときは任せてほしいぺこ! ふんわり相談チャットで「予約」! ペコッター開発秘話

新入社員にとっては通常業務だけでなく、たまに任される飲み会の幹事も大事な仕事だったりします。

「頼まれなくてもやる」120%のハングリー精神でかなえたキャリアチェンジ 電通・世瀬健二郎

20代のビジネスパーソンにとって、キャリアに関する悩みはつきものではないでしょうか。今はまだ、やりたい仕事に就けていない、という人もいるかもしれません。

あの大企業をも魅了する! 駐車場シェアで勢いを見せるakippaの超越マンパワー

民泊やカーシェアリングなど、個人が所有する遊休状態の資産の貸し出しを仲介する、シェアリングエコノミーのビジネスが近年人気を博しています。

情報技術が金融業界の日常を変える!? 今話題のビジネストレンド「FinTech」とは

新たな金融サービスを提供する「FinTech」という領域は、金融業界以外のみならず、私たちの日常生活にも大きな技術的影響を与えるといわれています。

台風発電で日本を水素エネルギー大国に。下町ベンチャー企業は21世紀のエジソンになれるのか

毎年、夏から秋にかけて、連日ニュースの話題を強風でさらう日本の台風。年間およそ30個も発生する台風は、時に私たちの生活に甚大な被害をもたらすことも。

いまさら聞けないビジネス用語! クラウドファンディングとは?

「クラウドファンデング」という言葉自体は聞いたことがあっても、詳しい内容を知らない人は多いでしょう。そこで今回は、3つの成功事例を参考に、今後クラウドファンディングによってビジネスがどう変化していくのかを見ていきましょう。

少額のお金でハッピーに?最近の「クラウドファンディング」事情

「クラウドファンディングとは?」と聞かれて、「インターネットを通じてプロジェクト実現のための資金を集める」というサービス自体を知らない人は今や少ないかもしれません。

「夢見るリアリスト」が厳選! 好きを仕事にするための必読書5選

好きなことを仕事にするなんて、自分にはできない――そう諦めていませんか? 今回は、夢を現実化するための過程をつづったブログjMatsuzakiを運営するjMatsuzakiさんへのインタビューです。

Airbnbに続け! 共同消費型サービスで“なんでもシェア時代”が到来!

世の中には使われていない物って、実はたくさんあるものです。例えば自動車。自動車通勤をしている人を除けば、平日ほとんどの家庭の自動車は駐車場に止まったまま。部屋もそう、あなたがひとり暮らしを始めたあと、実家のあなたの部屋はどうなっていますか?

「目標を達成することは、約束を果たすこと」株式会社グリフォン笹川龍太を支える哲学とは?

20代にして、取締役に抜擢されたビジネスパーソンたちがいます。そんな彼ら・彼女らの活躍を支えるのは、どのような哲学なのでしょうか?

アルバイト、会社員、マネージャー…そして見つけた自分だけの天職。”自称・日本一のフリー素材モデル” 大川竜弥氏が歩んできたキャリア

今回話を伺ったのは、“自称・日本一インターネットで顔写真が使われている男”こと、無料写真素材サイト「ぱくたそ」フリー素材モデルの大川竜弥氏。

なんだか“会社人”になってない? リディラバが社会問題への『無関心』を解決する理由

「食の安全」「介護問題」「ワークライフバランス」。

実は世界トップレベル!? 証明された日本人の仕事力!『国際成人力調査』調べ

「made in Japan」が世界を席巻していたのは、今は昔。近年、アジアの近隣諸国の成長と比べると、どこか元気のない日本経済。これって、ひと昔前より日本人の仕事力が低下しているということ?

立ちはだかる壁は知力と体力で突破する! ビジネスに活きるボルダリングの習慣

2020年に開催される東京五輪から、新競技として採用されたスポーツクライミング。ビジネスパーソンをはじめ、年齢や性別を問わず幅広い層から、いま多くの注目と人気を集めています。

1本の電話が運命を変えた! 漆器に魅せられ福井に移住した"漆ガール"、ただいま塗師見習い3年目

日本の伝統工芸品・漆器。みそ汁をよそうお椀やお箸など、食卓で触れる機会も多く、私たちにとっては身近な存在ですよね。

オフィスに猫はいかが? 猫付きシェアオフィスの実態に迫る

最近では猫をテーマに雑誌で特集が組まれることもあるほど、多くの人に人気の“猫”。猫カフェはすっかり定番になりましたが、飼わなくても猫と一緒に過ごせる施設は、カフェだけではありません。

家庭科の通信簿は3、ミシンも使えない…。そんな私でも「やりたいこと」を形にできた。泥臭くも戦略的なハヤカワ五味氏の人生

「巡ってきたチャンスを、いかに打ち返せることができるか。一定の知識を蓄え、常に余裕を持っておけば、”やりたいこと”は形にできると思うんです。」

米国雑誌で「世界の頭脳100」に選出された「電通」社員に聞く、「伝え方」のコツ

企画の立案やクライアントへの提案って難しい。どうすれば多くの人に発信できるのだろう。そんな悩みを抱えたことはありませんか?

ロンドンを拠点に選んだ日本人・パフォーマー 蛮が気づいた「本当の自分が評価される場所」

ロボットダンスの現代版のような大胆かつユニークさと、日本舞踊のようなしなやかさを併せ持った“アニメーションダンス”を軸に、映像・特殊効果など他ジャンルの要素を取り入れた独自のパフォーマンスを展開するのが、今回ご紹介する、ダンサーの蛮(ばん)…

page top