「読書で人生を味わえる」はあちゅうが影響を受けた6冊の本とは!?

最前線で活躍するビジネスパーソンの思考法やルーツを知りたいと思ったことはありませんか?「本棚を見れば、その人のひととなりが分かる」と言いますが、すてきなビジネスパーソンに影響を与えた本があれば、ぜひチェックしておきたいものです。

「読書で人生を味わえる」はあちゅうが影響を受けた6冊の本とは!?

最前線で活躍するビジネスパーソンの思考法やルーツを知りたいと思ったことはありませんか?「本棚を見れば、その人のひととなりが分かる」と言いますが、すてきなビジネスパーソンに影響を与えた本があれば、ぜひチェックしておきたいものです。

そこで今回、学生時代よりカリスマブロガーとして注目され、現在はブロガー・作家として、講演・執筆活動を続ける“はあちゅう”さんから、影響を受けた本を5つ紹介していただきました。はあちゅうさんの活躍の背景には、どんな読書体験があるのでしょうか?

いつもの仕事が好きになる、仕事に疲れた方にオススメの一冊!


『校閲ガール』宮木あや子著 KADOKAWA


「仕事においてプロフェッショナルであることのかっこよさを再確認した本です。また、普段自分がお世話になっている『校閲』の方の偉大さもあらためて実感しました。

今、仕事に悩んでいる人や理想の仕事に就けていない人が読むと、自分の仕事の良さに気付けるかもしれません」(はあちゅうさん)

あなたの幸せは? 夢の向こう側にある本当の幸せが見える一冊!


『わたしの神様』小島慶子著 幻冬舎


「女子アナという憧れの職業の裏側でもがいている登場人物たちが、人間らしくて、リアルで、愛おしく思える本です。

一見輝かしく、人に憧れられる職業に就いたからといって、幸せになれるとは限らないですし、本人の幸せを無視して世間体を追い求めていると、自分の幸せが見えなくなります。『自分にとっての幸せって何だろう』という問いかけが読後に重く残る、読み応えのある一冊です」(同)

世界を変える一番の近道は“あなた”が変わること。向上心湧く一冊!


『嫌われる勇気?自己啓発の源流「アドラー」の教え』岸見一郎、古賀史健著 ダイヤモンド社


「私はこの本から、『人は絶対に変わらない。だから、自分が変わるしかなく、そうすれば、世界の見え方はガラリと変わるんだ』ということを学びました。

言い訳をしている暇があったら、行動と思考を変えようという前向きな気持ちが湧きます」(同)

キャパシティを広げる、脳の取扱説明書的一冊!


『こころのウイルス』ドナルド・ロフランド著、上浦倫人訳 英治出版


「『この世の全ては思い込みで、意志の力と想像力があれば、自分のキャパシティはどんどん広がり、自由に生きられる』ということが、この本を読むと分かります。

自分が思っている『当たり前』は、ただの『思い込み』でしかないのだと考えられるようになると思います」(同)

ごはんは最高のエンターテインメント! 人生をより輝かせるための一冊!


『生まれた時からアルデンテ』平野紗季子著 平凡社


「最高のエンターテインメントである『ごはん』を、ただ食べるだけではなくて五感をフル活用して『味わう』ことで、人生は豊かになる、ということが分かるはずです。

『食べる』ことに真剣になると、世界の見え方すら変わるものだと思えました。読めば、自分ってこれまで感受性を全く使ってこなかったなーと反省できるかもしれません」(同)

自分の力で人生を切り開いていく楽しさを知る一冊


『アリーテ姫の冒険』ダイアナ・コールス作、ロス・アスクィス絵 学陽書房


「私の一番好きな絵本です。知恵を働かせて、前向きに楽しく人生を生きていこうという活力が湧きます。他人に頼ることなく、自分の力で人生を切り開いていくことの楽しさが描かれています。

普通の、いわゆる『王子様と幸せに暮らしました、めでたしめでたし』みたいな展開ではないので期待して読んでください」(同)

読書ほどにコスパが良く、人間形成に役立つものはない


いつもエネルギッシュに活躍する“はあちゅうイズム”がぎっしりと詰まったセレクションでした。

最後に、はあちゅうさんにとって「仕事」と「読書」はどんな関係なのでしょうか?

「本を読むということはいろいろな人の人生を疑似体験するということです。机の前にいるだけでいくつもの人生を味わえるんです。

こんなにコストパフォーマンスが良く、かつ、人間形成に役立つものはないと思っています。読書量は経験値だと思って、どんどん読んでいただきたいです」

【プロフィール】
はあちゅう/ 慶應義塾大学法学部政治学科卒。在学中にブログを使って、「クリスマスまでに彼氏をつくる」「世界一周をタダでする」などのプロジェクトを行い、女子大生カリスマブロガーと呼ばれる傍ら、レストラン、手帳、イベントをプロデュースするなど、「はあちゅう」名で幅広く活動。2009年電通入社後、中部支社勤務を経て、クリエーティブ局コピーライターに。2011年12月に転職し、トレンダーズでドクターエステ・コスメ専門サイト「キレナビ」の編集長に。2014年9月に退社後、個人としてオンラインサロンの運営や講演、執筆活動を続けている。催眠術師資格保有。日テレ系「スッキリ!!」火曜コメンテーターとして出演中。

※この記事は2015/08/07にキャリアコンパスに掲載された記事を転載しています。

あなたの本当の年収がわかる!?
わずか3分であなたの適正年収を診断します

page top