【連載】あの人だって元ビジネスマン! 芸人 ルシファー吉岡┃「養成所の落ちこぼれ」から「芸人中途採用」へ! 謙虚さが生んだルシファー吉岡の「笑い」

前回に続き、ピン芸人のルシファー吉岡さんのインタビュー【後編】をお届けします。高校時代の大爆笑が忘れられず、マセキタレントゼミナールに入ったものの、「落ちこぼれ」を自覚――そこから、「R-1ぐらんぷり」4年連続決勝進出にいたる経緯とは。

【連載】あの人だって元ビジネスマン! 芸人 ルシファー吉岡┃「養成所の落ちこぼれ」から「芸人中途採用」へ! 謙虚さが生んだルシファー吉岡の「笑い」

いま、新たな舞台で活躍しているあの人にも、実はビジネスマンとして会社勤めをしていた日々があったそうです。

しかし、なぜ彼らは会社員を続けなかったのでしょうか。ただ単に彼らは向いていなかったのでしょうか。どんなビジネスマンだったのかを訊いてみました――。

前回に続き、ピン芸人のルシファー吉岡さんのインタビュー【後編】をお届けします。高校時代の大爆笑が忘れられず、マセキタレントゼミナールに入ったものの、「落ちこぼれ」を自覚――そこから、「R-1ぐらんぷり」4年連続決勝進出にいたる経緯とは。

ルシファー吉岡
1979年生まれ。島根県出身。マセキ芸能社所属。東京電機大学大学院修了後、自動車部品メーカーの開発部門に配属されるも、10月で退職してマセキタレントゼミナールに入学する。同校3期生として、2016年以降4年連続で「R-1ぐらんぷり」決勝に進出するなど、今後活躍が期待される。

 

「あれっおかしいぞ」養成所で初めての後悔

 


――入社した会社を約10ヶ月で退職されて、その後はどうされたんですか?

ルシファー:ボーナスをもらって辞めたので、そのお金でマセキ芸能社の養成所「マセキタレントゼミナール」に入りました。

――芸人に憧れつつも、初めてお笑いをする側になったわけですよね。

ルシファー:会議室みたいな場所に長テーブルが置かれていて、そこに先生が何人か座っているんです。その前で、ひとりずつネタをやってダメ出しされるような授業でした。

――実際にお笑いをやられていかがでしたか?

ルシファー:当時の養成所はカルチャースクールみたいな雰囲気で、ママ友界隈で覇権を取りたい主婦とか、クラスの人気者になりたい女子高生とかもいて。そんな中でも全然ウケなかったですね……。

――描いていた自分と違ったんですね。

ルシファー:ほんと、「おかしい、文化祭ではあんなにウケたのに!」って。受講期間は3ヶ月なんですけど、落ちこぼれの部類に入ってしまって。「才能ないのかも……」と思った瞬間、会社を辞めたことの重大さに気づいたんです。不安で夜中に目覚めたりしました。

――芸風も今とは違った感じだったんですか?

ルシファー:ほぼ一緒ですね。初めて作ったネタは、エレベーターでウンコを漏らすというものでした。まぁ、昔から面白いと思うものは変わってないです。

 

「芸人中途採用」だからもう後がない!

 


――それがウケるようになったのは養成所のおかげですか?

ルシファー:秋からのコースを再受講したんです。すでに大ピンチだったので、意味が分からなくても、先生に言われるがままにネタを作り直していきました。でも、それが基礎になった。そこから秋のコースは特待生になって、授業料も免除になりました。

――すごい! 研究者気質というか、大学院や社会人の経験が活きているのでしょうか?

ルシファー:意識的には「芸人中途採用」みたいな感じで入学したので、素直になれたというか……。謙虚になれたのは、サラリーマン経験があったからかもしれないですね。若くて、血気盛んだったらそうはいかなかったかもしれません。

――ネタ作りにおいて、社会人経験が活きたことはありますか?

ルシファー:サラリーマンのコントをやるときにはいいですね。あと、養成所に通いながら塾の講師をやっていたので、設定が先生のネタはやりやすいです。

――その後、2016年から4年連続で「R-1ぐらんぷり」決勝出場と快進撃を続けています。反対されていたお母様とは和解されましたか?

ルシファー:初めての「R-1ぐらんぷり」決勝が、「キャンタマクラッカー」というネタだったんです。水泳の授業中、男子小学生が水着をグッと食い込ませて……という一発芸なんですけど、それを先生が褒めるというネタで。

――存じてます。爆笑しました(笑)

ルシファー:実はあの放送後に母親からメールがありまして。そのメールを見て、ちょっと許されたかなって思いました。

――なんて書いてあったんですか?

ルシファー:「ゴールデンであんな下ネタやったら、アキャンタマー」……ですね。「アキャンタマー」の言葉に雪解けを感じました。

――いい話? ですね(笑)。サラリーマンを辞めた理由は仕事内容よりも、ルーティンワークに耐えられなかったということでした。芸人になってみて「やっぱりこっちだな」と思いました?

ルシファー:サラリーマンは向いていなかったんでしょうね。不安は今でもありますけど、サラリーマン生活は一度経験してダメだとわかっているんで。逆に、お笑いをやっていなかったら、後悔を残す人生になっていたと思うんです。

――では、会社員を続けながらも、他にやりたいことがある人に声をかけるとすると。

ルシファー:やりたいことがあるんだったら、絶対にやってみるべきです! 僕はそう思います。

―――

この連載では、会社勤めの経験がある著名人に会社員時代のちょっとやんちゃなエピソードを伺っていきます。

次回はGAGの福井俊太郎さん、その次はニューヨークの屋敷さんが登場。ともに会社員として働いた経験のある、注目の芸人さんです!


前編:ルシファー吉岡┃会社を辞めるに至った3つの出来事。ピン芸人、ミスチル、○○○!

【連載】あの人だって元ビジネスマン!
〇ダニエルズ・あさひ┃破天荒な会社員時代 浮気がバレてホームレス状態になったことも
〇やさしいズ・タイ┃大阪勤めで経験した「面白ければオールOK!」の文化。笑いとともにあった会社員時代
〇フランスピアノ・山本┃「辞めないでくれ!」先輩のメッセージに応えられなかった9ヵ月間のAD生活
〇フランスピアノ・なかがわ┃ 辞めるときは自分で言うから「芸人になりたかったら早く辞めろ」とか言うな!

文/富山英三郎 撮影:佐坂和也

あなたの本当の年収がわかる!?
わずか3分であなたの適正年収を診断します

page top