給料の手取りはどっち?大きく異なる「収入」と「所得」の意味とは

「年収400万円」って聞いていたのに、実際にもらえる金額はそれより少ない……。どうして!? そのように戸惑ってしまうのは、「収入」と「所得」の違いを理解していないからかも。二つの言葉の意味の違いを正しく学んでおきましょう。

f:id:doda-media:20200221180945j:plain
「あなたの年収はいくらですか」保険に加入する際や住居の賃貸契約を結ぶとき、そんなことを尋ねられますよね。いくらくらいだろうな……と「収入額」を思い浮かべるものの、そこでふと気づきませんか?

あれ、年収よりも実際にもらえる金額って少なくない?そう、会社から伝えられている年収と実際の支給額には乖離があります。一体どうして……。その疑問を解決するためには、「収入」「所得」の違いを理解する必要があるのです。

「収入」と「所得」はなにが違う? 

「収入」と「所得」。これらの言葉は似ているようで大きく異なります。

一般的な給与明細には「総支給額」「控除合計額」「差し引き支給額」が記載されていることが多いはず。この「差し引き支給額」というのはよく「手取り」と呼ばれるもので、要するに実際に手元に入ってくるお金のことです。

そして勘違いをしやすいのですが、この「手取り」と「所得」は異なります。「所得」とは総支給額から「給与所得控除額」を引いた金額のことです。ここからさらに税金や社会保険料を引くと「手取り」になります。

一方で、「収入」とはなにか。上記に則って説明すると、「総支給額」のことです。つまり、さまざまな税金や社会保険料が引かれる前の金額のこと。

この「収入」と「所得」の関係を計算式で表すと、以下の通りです。

“収入-各種控除額=所得”

各種控除額にはさまざまな種類が存在します。健康保険、厚生年金、雇用保険、住民税……。なんでそんなに引かれるんだろうと思うかもしれませんが、いずれも大切なものばかり。そして、収入額に比例して控除額も膨らんでいきます。

「収入」と「所得」を一言で表すと

今回、解説した「収入」と「所得」の違いを一言で表すとこちら。

f:id:doda-media:20200430041230j:plain

会社から「あなたの年収は400万円です」と伝えられているからといって、400万円を丸々使えるわけではありません。実際にはさまざまな税金や社会保険料、経費が引かれ、支給されるのです。

だからこそ、「収入」と「所得」の違いを理解していないと、なんだか損しているような騙されているような気持ちにも。本記事で、二つの言葉の意味について学んでおきましょう。

文=まいにちdoda編集部
イラスト=前田はんきち
編集=五十嵐大+TAPE

【参考記事】
今さら聞けない!お金のアレコレ┃第4回:年末調整と確定申告
今さら聞けない!お金のアレコレ┃第5回:会社員の社会保険
いよいよ副業が解禁! どこからどこまでOK? ビジネスパーソンの副業

page top