「どこにいったの!?」を防ぐ! 机上がスッキリ片付くふせんスタンド【はたらくを楽しくする文房具 #7】

ふせんって、使いたいときに限って見つからなかったりしませんか? 専用の置き場があればいいんですが、ただでさえ狭い机上に余裕はなし。そこで文房具ライターのきだてたくさんがおすすめするのが、どこでも省スペースに置けるできるふせんスタンドです。

f:id:isodai:20200817062938j:plain

なんであんなにすぐに紛失しちゃうんでしょうね、ふせん。「あ、ここに貼らなきゃ」と思って机の上や引き出しを探しても、なぜか出てこない。

で、年末の大掃除で机を動かすと、隙間に落ちて埃まみれのふせんがバラバラと出てくる、なんてのはお馴染み“オフィスあるある”ですよね。

基本的には、使った後に出しっぱなしなのが一番悪いんですが、そもそもちゃんとした置き場がなければ戻しようもなし。かくして、ふせんは常に紛失し続けるということに。

コネクトさせればふせんもテープも省スペース!

ふせんの紛失を防ぐには、とりあえず使ったら戻す、の徹底です。なので、専用のふせん置き場を設置してください。もう、それしか手はないんです。マジで。

そこでまず試してみてほしいのが、8月3日に発売された3Mの「コネクトディスペンサー/ホルダー」です。

f:id:isodai:20200817062639j:plain

これは、ふせんホルダー・小巻のテープディスペンサー・ロールふせんディスペンサーを組み合わせて使えるシリーズ文具。

スクエアな形状で無駄に場所を取らないうえに、さらに「コネクト」の名前通り、それぞれをパコッとハメ込むことで、連結させた状態で設置できるという優れもの。複数のツールがコンパクトにまとまるのは、スペース的にありがたいですね。

f:id:isodai:20200817062712j:plain

ふせんホルダーは前側が75mm角のふせんが立てて入るサイズの収納に。ここがメインのふせん置き場ということになるでしょう。

後側の収納は2分割されており、普段使いのペンやはさみなどを入れておくスタンドとして使えます。

ふせんと一緒によく使う筆記具(サインペンなど)を立てておくと、セットで使いやすさアップ。ついでにペンスタンド分の面積も稼げるし。

f:id:isodai:20200817062741j:plain

テープディスペンサーは15mm/18mm幅の小巻テープに、ロールふせんディスペンサーは25mm幅に対応しています。

で、ちょっと面白いのはロールふせんディスペンサー。カッター刃をよく見ると、傾斜の浅いV字型になっているのが分かります。

このV字刃がロールふせんの端から中心に向かって切れ込んでいくことによって、普通のテープより厚くて切りづらいロールふせんも、プラ製の刃でサクッと軽快に切ることができるという仕組み。おお、良くできてるなー。

f:id:isodai:20200817062815j:plain

机上に! 空中に! 設置場所は自在

あとはこの3タイプを組み合わせて、自分の使いやすいようにセッティングすればOK。

テープはメンディングテープと剥がせるテープを使い分けたいとか、ロールふせんを複数色使いたいとか、そういった場合も連結を増やすだけなので簡単です。ただし机上の空き面積と相談する必要はあるでしょうが。

業務の内容に合わせて組み替えるのも、効率アップに有効かも。

f:id:isodai:20200817062853j:plain

設置する際は、付属の固定用両面テープを底面に貼って机に固定すると、片手でテープやロールふせんが切れて便利です。

で、この固定用両面テープ、机に貼る側はベタベタせずサラッとしているんですが、強く15秒ほど押しつけるとガッチリくっつくという不思議な特性を持っています。しかもきれいに剥がせて、再粘着まで可能!

貼り剥がしができるので、テープを使い終わった際の交換も問題ありません。

f:id:isodai:20200817062916j:plain

この粘着力はかなりのもので、なんと本体を垂直の壁面に浮かせた状態で貼っておけるほど。(ただし壁紙などははく離の危険性があるので注意)

たとえ机に設置するスペースがなくたって、手近なパーティションやロッカーなどに貼ってしまえば、仕事空間を三次元的に広げられるわけです。

また、ホワイトボードに貼っておけば、掲示物をテープで貼る・ふせんを使ったミーティングができる・ホワイトボードマーカーもストックしておける、といい事尽くめで、かなりオススメです。

ホワイトボード周りでふせんやテープ、意外と使いますから。

f:id:isodai:20200817062938j:plain

冒頭でも触れましたが、ものを紛失させないためには、まず専用の置き場所をきちんと決めること。

紛失しやすいふせんとテープ類をコンパクトにまとめて机に固定しておけば、かなり安心できるんじゃないでしょうか。少なくとも、大掃除の時に埃まみれのふせんをつまみ上げてゲンナリすることは、たぶんもうありませんよ。

【商品情報】
『コネクトディスペンサー/ホルダー』/3M

文・写真=きだてたく
編集=五十嵐 大+TAPE

【関連情報】
書類の文字が「読みやすく」なる!驚く書き味の最新ボールペン【はたらくを楽しくする文房具 #1】
最新ページがパッと開ける! 忙しいときでも焦らない高機能メモ【はたらくを楽しくする文房具 #2】
リモートワークの必須アイテム!場所を選ばずどこでも仕事ができる “携帯型オフィス”【はたらくを楽しくする文房具 #3】
通販ダンボールの開梱は専用ツールがベスト! 快適すぎるオープナー【はたらくを楽しくする文房具 #4】
まるで英語の先生が隣にいるみたい?すごすぎる最新型電子辞書【はたらくを楽しくする文房具 #5】
どこにいても集中力アップ! 残り時間が「目に見える」タイマー【はたらくを楽しくする文房具 #6】
withコロナ時代に使うべき、除菌がサッとできるペンケース【はたらくを楽しくする文房具 #8】

page top