【一流の雑談力】「雑談は“話す”ことが重要ではない」ビジネスシーンにおける話の広げ方&盛り上げ方

ビジネスシーンにおいて、雑談が得意なほうが有利に働くことがあります。雑談を通して取引先や顧客と親しくなることで「○○さんは話しやすい」と感じてもらえて、大きな依頼や定期的な発注をもらえることがあるからです。でも、話題を振ってみても話が広がらず、どうすれば盛り上がるのかと不思議に思う人も多いのでは? 雑談の広げ方&盛り上げ方のコツを『雑談の一流、二流、三流』(明日香出版)の著者、桐生稔さんに聞きました。

f:id:irakuy919yukari:20201007114018j:plain

雑談というと「話し上手にならなければいけない」と思っていませんか? 話の中心になって、さまざまなネタを披露して、周囲の人々を感心させたり、笑わせたりできる人……そんなイメージではないでしょうか。雑談力を武器に営業成績最下位から抜け出した経験を持ち、現在はコミュニケーションに関する研修やセミナーを開催している桐生稔さんは「雑談で“話す”ことは重要ではない」と言います。

「雑談力に関する研修やセミナーで多いのが『何を話したら良いのかわからない』という声。そこで私は『雑談は話す場ではない』という前提を伝えています。雑談で大切なのは、いかにその場を心地よく、温かい場にするかということ。まるでキャンプファイヤーのように、自然と人が集まりたいと感じる温かい場がそこにあることが、良い人間関係を築ける雑談のコツです。そのためには話すだけでなく、聞く力、質問する力、フィードバックする力など、さまざまな力が必要だとわかります。それに気付けたとき、話すことだけではなく、話し下手の自分でもできる打つ手が見えてくるのです」(桐生さん・以下同)

会話の主題を相手にするだけで、雑談は一気に広がる!

一流の雑談力の持ち主は、自分が話者になるのではなく、話題の矢印を相手に向けているそう。

「人間が一番興味を持っているのは『自分』です。自分のことを一番意識しているし、自分のことが一番話しやすいし、むしろ話したいと思っている。一流の雑談力を持つ人はそこを理解しているので、会話の主題を相手にして、相手が話しやすいテーマを設定します。たとえば『今日は暑いですね』と話を振るだけではなく、『今日は暑いですね。30℃を超えるそうですよ。夏バテとか平気ですか?』のように、質問を使って相手から会話を引き出すことで、会話をリードします。質問すれば、質問された人は必ず答えてくれます。そうすることで『あの人とは話しやすい』と思ってもらえるのです」

でも、そもそも何の話題を振れば良いか、わからないことも多いもの。天気の話や話題のニュースについて話すのも限界があり、かといってそれ以外に何の質問をすれば良いのでしょうか。

「一流の雑談力の持ち主は、誰もが絶対に興味があるネタから会話を始めています。それは、人間が毎日する『食べること』『動くこと』『働くこと』『お金を使うこと』『寝ること』の5つ。毎日やっていることは誰でも興味があるので、話が展開しやすいのです」

たとえば、その5つに当てはめると、以下のような会話が展開できると言います。

●食べること
「最近忙しそうですけど、お昼を食べている時間はあるんですか?」
「最近どのあたりでお昼食べてますか?」

●動くこと
「最近運動されてます? 私はまったくしていなくて…」
「○○さんって毎日何時に起きてるんですか?」

●働くこと
「最近、仕事終わるの遅いみたいですね」
「今、一番時間を使っている業務って何ですか?」

●お金を使うこと
「最近、自己投資とか趣味とかされてます?」

●寝ること
「最近、睡眠取れてます?」「寝付きは良い方ですか?」
「お休みの日はしっかり休息取れてます?」

このように、自分の生活上、興味のある話題であれば質問しやすいし、相手も答えやすいもの。結果的に温かい場が作り出せて、相手に心地良いと感じてもらえるでしょう。

一流の人がやっているコツをつかめば「話させ上手」になれる!

とはいえ、質問にもテクニックが必要。頑張って質問しても「そうだね」で話が終わってしまって続かなかったり、いまいち反応が悪くて盛り上がらなかったりすることも。どうすれば話が広がるのでしょうか。

f:id:irakuy919yukari:20201007114733j:plain

「『何か言わなきゃ』と焦るあまり、畳み掛けるように質問をする人がいますが、それはボクシングで例えるなら、いきなりストレートばかり繰り出しているようなもの。まるで尋問のようで、相手も戸惑ってしまうでしょう。大切なのは、ストレートの前にジャブを打つこと。ワンクッション置いてから質問すると、相手も答えやすいです。たとえば、いきなり『趣味は何ですか?』と聞かれたら唐突過ぎますが、『最近、趣味が欲しいんですよね。○○さん、何かされてますか?』とワンクッション置けば、相手も『趣味の話が始まるな』と準備ができて答えやすいです」

また、雑談で話が広がるようにするには「話させ上手」になることも大切だと、桐生さんは言います。

「人間は聞いている時間よりも、話している時間のほうが、あっという間に過ぎるものです。いかに相手が話したくなるような空間を作るかが、腕の見せどころ。相手の趣味がテニスだと判明したら『ということは、学生時代からずっとやられてるんですか?』『そうすると、健康にはけっこう気を付けているタイプですか?』『ちなみに、ほかにもスポーツをされているんですか?』のように、接続詞を用いて話を進めます。相手の会話に『そうですか』と頷いているだけでは、会話は終わってしまいます。『ということは』『そうすると』『ちなみに』のような接続詞を使い、会話を引き出していくのです」

さらに、相手が答えやすいように質問内容にも工夫が必要!

「アバウトな質問では、相手はいちいち深く考える必要があり、心地悪く感じて会話が止まってしまいます。常に相手が即答できるような、具体的な質問をすることもポイントです。『最近忙しいですか?』よりも『最近、土日はお休み取れてますか?』『趣味はありますか?』よりも『休日によくやっていることってありますか?』のように、相手が考えなくても反応レベルで応えられる質問をしてみてください」

苦手な相手に興味が持てないときの雑談テクニック

ちなみに…苦手な上司や同僚のように「そもそも相手の話に興味がない」という場合、どのように質問すれば良いでしょうか?

f:id:irakuy919yukari:20201007114954j:plain

「よく『苦手な相手の良いところを探せ』というアドバイスがありますが、それは無理だと思っています。興味がないものに興味は持てないですよね。だから私は『興味ではなく、好奇心に変えよう』と伝えています。好奇心とは、知らないものを知ろうとする心。その人に興味はなくても『なぜ仕事がうまく回っているのか』『なぜジムに通っているのか』など、不思議に感じるポイントはあるはずです。その好奇心を満たすためのインタビュー、と捉えれば、苦手な相手とも雑談しやすくなるでしょう」

桐生さんのヒントを使えば「あなたとはなぜか話しやすい」「あなたといると楽しい」と感じてもらえるような、一流の雑談力を身に付けられるはず。まずは身近なところから、試してみましょう。

<識者プロフィール>
桐生稔
株式会社モチベーション&コミュニケーション代表取締役。
1978年生まれ。新卒で大手人材派遣会社に入社するも、極度な人見知りが原因で左遷。そこから一念発起し、売り上げ達成ナンバーワンを実現する。その後、音楽スクールに転職し、350名の講師をマネジメントする。2017年に株式会社モチベーション&コミュニケーションを設立。社会人のリアルコミュニケーション力を向上すべく、全国でセミナーや研修を開催している。著書に『10秒でズバッと伝わる話し方』(扶桑社)、『雑談の一流、二流、三流』(明日香出版)がある。
https://www.motivation-communication.com/

取材・文=富永明子(サーズデイ)
編集=村田智博(TAPE)

【関連記事】
「雑談力」の記事一覧
雑談力の鍛え方! 「雑談上手」になるために、日常でできるトレーニング方法
これで最低限の雑談ができるように! 雑談力を養うための「会話のきっかけレシピ」とは?
雑談のハードルは低くてOK? 仕事のシーンで気軽に使える、雑談力アップのためのきっかけレシピを公開!
キャビンアテンダント、タクシー運転手、ヘアメイク……雑談の達人たちに聞いた、会話の鉄板ネタと工夫のポイントとは?
雑談力って実は最強のビジネススキルかも!? 変わりたいなら今日のあいさつから

page top