あなたの将来の年収を予測!?職種年齢別の平均年収をクイズで紹介

今のまま働いたら、40代50代になったときにどれくらいの年収なんだろう……そんな疑問を抱く人も多いはず。今回は最新の年収データから、同じ職種で働く40代や50代以降の人の平均年収をクイズ形式でご紹介します。あなたの仕事選びの参考になれば幸いです。

はたらくクイズにチャレンジ!

※先に平均年収データをご覧になりたい方はこちら
平均年収ランキング(職種別の平均年収/生涯賃金)【最新版】

【第1問】営業系40代の平均年収は?

(1)517万円
(2)582万円
(3)628万円
(4)702万円

 

【第2問】クリエイティブ系40代の平均年収は?

(1)468万円
(2)535万円
(3)592万円
(4)654万円

 

【第3問】販売/サービス系40代の平均年収は?

(1)405万円
(2)497万円
(3)564万円
(4)621万円

 

答え合わせ

問題は難しかったですか? 早速答え合わせをしていきましょう!

【第1問の答え】営業系40代の平均年収は?

(2)582万円

2020年の職種別の平均年収ランキングでは、営業系40代の平均年収は582万円でした。同じ職種の20代の平均年収が378万円なので、その差は約200万円です。50代以降のデータを見てみると、さらに増えて676万円という結果でした。営業系職種の小分類で見てみると、最も年収の高いMRの営業職では、50代以降の平均年収は1003万円と1000万円を超えています。

30代の平均年収が気になる方は以下のリンクからさらに詳しくご覧いただけます。

出典:営業系の平均年収

 

【第2問の答え】クリエイティブ系40代の平均年収は?

(1)468万円

クリエイティブ系職種の40代の平均年収は468万円という結果でした。20代の平均年収は320万円、30代は412万円となっています。

また、クリエイティブ系職種の中で、「クリエイティブディレクター/アートディレクター」は、2019年の平均年収調査結果では平均年収が465万円だったのに対して、2020年のデータでは489万円と大幅にアップしています。この他にも「ゲーム関連」(372万円→388万円)、「Webデザイナー」(347万円→363万円)と2019年のデータより平均年収がアップしているようです。

出典:クリエイティブ系の平均年収

 

【第3問の答え】販売/サービス系40代の平均年収は?

(1)405万円

2020年の職種別の平均年収ランキングでは、40代の販売/サービス系職種の人の平均年収は405万円でした。50代の平均年収は414万円と、40代と50代では9万円しか平均年収に差がないようです。

「マーチャンダイザー」「バイヤー/ディストリビューター」「店長/販売スタッフ」など、その他の分類の年齢別平均年収データは下記リンクからご覧いただけます。

出典:販売/サービス系の平均年収

 

時代の変化に対応しながら、先を見据えた職業人生を

何問正解できましたか? 今回のクイズは、2020年にその年齢だった人の平均年収データをもとに作成しています。2020年は、新型コロナウイルスの影響で出勤日が減り、給与が減った、という方がコロナ前よりも多くいることが予想されます。このように、時代や調査時の社会情勢によって収入は変化するものであり、それによって平均年収も変わります。フレックスやリモートワークなど、働き方が多様化していく今の時代は、将来の見通しもなかなかつきづらいかもしれません。今回の調査データが、数十年後のあなたの働き方の参考になれば幸いです。

文・編集=矢澤拓

【関連記事】
平均年収ランキング(職種別の平均年収/生涯賃金)【最新版】
「はたらくクイズ」の記事一覧

page top