「無線LAN」と「Wi-Fi」の違いは? “無線LANなのにWi-Fiではない”とは一体…?

家やカフェでスマホ・パソコンを使うとき役立つ「無線LAN」と「Wi-Fi」。「無線LANの(または、Wi-Fiの)パスワード教えて」などと何気なく使う言葉ですが、2つの言葉がどう違うのか知っている方は意外と少ないのではないでしょうか?

f:id:irakuy919yukari:20200606160745j:plain

多くの場合、無線LANとWi-Fiはほぼ同じ意味で用いられています。つまり、日常の会話の中ではほぼ「無線LAN=Wi-Fi」と考えて問題ありません。しかし、まれに無線LANではあるけれどWi-Fiではないというものが存在します。

「無線LAN」は無線で通信機器をつなぐネットワーク

「無線LAN」は無線のLAN(Local Area Network)、すなわち、限られた空間にあるコンピューターやスマホなどの通信機器を無線でつなぐネットワークです。

「有線LAN」は光ファイバーなどの物理的なケーブルで機器をつなぎますが、「無線LAN」は電波や光で機器を無線通信させます。LANと広域ネットワークであるWAN(Wide Area Network)をつなぐことでインターネット接続は実現されています。

f:id:irakuy919yukari:20200606160840j:plain

「Wi-Fi」は無線LANの通信方式のひとつ

「Wi-Fi」は無線LANのなかで最もポピュラーな通信方式です。Wi-Fiに対応する機器は相互に接続できることがWi-Fi Allianceという団体に保証されており、メーカーなどが違ってもつなげることができます。

かつての無線LANは通信規格がばらばらで相互通信が保証されておらず不便だったため、IEEE 802.11という規格に統一する動きが進み、統一された通信規格がWi-Fiと総称されることになりました。

「無線LAN」と「Wi-Fi」を一言で表すと

今回、解説した「無線LAN」と「Wi-Fi」の違いを一言で表すとこちら。

f:id:irakuy919yukari:20200606160906j:plain

無線LAN…限られた空間の通信機器を無線でつなぐネットワーク
Wi-Fi…無線LANのうち相互通信が保証されているもの
Wi-Fiは無線LANのなかの一つの規格である、そのように理解しておきましょう。

文=宮田文机
イラスト=前田はんきち
編集=TAPE

<関連記事>
RaaS、BOPIS、ウォークスルー決済……難しい小売業界のIT用語を簡単解説
DoT、DX、MR、5G、ゼロトラスト…。次々登場するIT用語をシンプル解説
ドローンや自動運転、RFID、モニタリング。最新の物流業界を知るためのIT用語

あなたの本当の年収がわかる!?
わずか3分であなたの適正年収を診断します

page top