「コミュ力」の記事一覧

そもそも「コミュ力」ってなに? 専門家が解説する、コミュ力の定義&ソーシャルスキル強化の極意

経団連が発表した「2018年度新卒採用に関するアンケート調査結果」では、80%を超える企業がコミュニケーション能力を選考時に重視するポイントとして回答。雑誌やテレビ番組で「コミュ力」が取り上げられる機会も多く、昨今の日本社会においてとても重要視…

ダブルスタンダードな状況をどう改善するか。上司への状況共有が鍵

部門横断の大きなプロジェクトや様々な視点を必要とする複雑な業務など、複数部署が協力して仕事を進めなければならないことがあります。各部署の上司やプロジェクトマネジャーなど、似たような立場で指示する役割を持った人が2名以上いて、両者が別々のこと…

“経験貯金”が40代で武器になる! 次長課長・河本準一がもしも20代だったらはじめること

先輩・後輩両方との接点が多いお笑いコンビ「次長課長」の河本準一さんは、社会で言えば中間管理職のような存在。その信頼感から吉本興業のアイドルグループ「吉本坂46」ではキャプテンを務めています。後編では吉本の上下関係に始まり、キャリアの積み方に…

社内のやりたい仕事をやるために、越境してチャンスをつかむ働き方

やりたいことがあるから入った今の会社。しかし、会社に属していると当然やりたい仕事ばかりできるわけではありません。部署異動のチャンスも年に数回、しかも必ず叶うわけでもない。そんなやりたいことをやれない、なりたいポジションになれない人も多いは…

職場恋愛の事後処理術。始まり方、終わらせ方でリスクヘッジ

ビジネスタイムを何倍も楽しくしてくれる恋愛。しかしそれは、破局時に大きな弊害をもたらすことがあります。もしも、仕事関係者との恋愛が破局してしまったら……。仕事上で迷惑をかけないために、学んでおくべきマナーとは? 人生・恋愛著書を多数執筆する潮…

“芸人”中間管理職!次長課長・河本が語る「先輩に気に入られる力」と名MC芸人たちの処世術

「次長課長社長」のトリオでキャリアをスタートした次長課長の河本さん。デビューから20余年、柔軟な人付き合いができているから芸能界で活躍し続けているに違いありません。若手の台頭、手強いライバル、共に歩んできた同胞たち——。河本さんが芸能界で培っ…

忙し過ぎる上司に不満。相談もできないとき、部下はどう立ち回るべきか

変化が激しい昨今のビジネス環境下で組織をまとめる上司たち。管理業務だけでなく、プレイングマネジャーという言葉が示すように、多様な業務が求められ、「とにかく忙し過ぎる」と嘆く上司がいます。部下としても仕事のやりにくさを感じて困ることもあるで…

5人に1人いると言われる「HSP」。一緒に働く上で気をつけるべきこととは?

あなたの職場には、周囲から見てもわかるくらい「繊細な人」がいませんか? 機嫌が悪い人の顔色をやたら窺っていたり、細かなミスを気にするあまり作業に時間がかかったり……。もしかしたらその人は、「HSP」かもしれません。HSPって一体どんな人のこと? そ…

指示が多すぎる上司の対応に困っている…"あるある上司"と円滑に仕事を進める方法

何も指示をしない放置や放任という態度の行き過ぎた上司がいる一方、逐一きめ細かな指示をして、ともすれば過干渉とも思えてしまうような「指示が多すぎる上司」がいます。こういう上司と関わっていると、部下としては「なぜそこまで言われなければならない…

なぜ「やりたい仕事」が見つかると運命の恋も手に入るのか? 運命の恋と天職の引き寄せ術

人生を楽しむための方法は人によってさまざまにあります。今回は「好きで得意な仕事に出合えば、運命の恋がやってくる!」をテーマに、人生・恋愛著書を多数執筆する潮凪洋介さんが、その理由とテクニックをお届けします。「仕事と恋愛を両立」させたいと思…

"あるある上司"と円滑に仕事を進める方法。放任する上司との付き合い方

「上司が指示をくれない」「細かい指示ばかり出してくる」「複数の上司がそれぞれ別のことを言ってくる」――などなど、上司に対する不満は人それぞれ。部下である私たちは、上司を選ぶことはできません。それぞれの性質を持った上司と、ストレスなく仕事を進…

雑談の鍵は「テーマ設定」。冷めがちな場で必要とされる雑談のコツ

突然、知らない人との対面の機会が設けられ、相手との接点も、仕事での共通点もわからない…そんなときに求められるのが「雑談力」です。とはいえ、「雑談」と言われても、いざ会話を始めるだけでも一苦労。昨今はリモートワークで、会議も寒々しい雰囲気にな…

上司と部下の1on1ミーティングの効果。メリットデメリットを解説

ここ最近「1on1ミーティング」、略して「1on1」という言葉を聞いたことがある人は増えていると思います。この「1on1」とは、その呼び名の通り、上司と部下が1対1で行う対話面談のことですが、これまでも当然、上司部下の1対1のミーティングはありました。…

「なんとなくストレス」を感じる…。そのストレスの正体は、心地よい環境にあるかも!?

皆さんは、職場のストレスというとどういうものを思いつきますか? たとえば職場の人間関係が険悪な場合や、上司がハラスメントを繰り返す場合、ほとんどの人がそれをストレスと自覚するでしょう。職場の温度調整がおかしい、嫌な臭いがする、騒音がひどい、…

講師はお笑い芸人! 笑いでストレス解消できる「笑育」とは?

仕事のストレスを発散したい…。発散方法のひとつとして「笑うこと」が挙げられます。笑いはストレス解消に効くという研究結果も出ており、有効なツールと言えます。ということで、お笑い芸人が多数所属する松竹芸能へ向かいました。松竹芸能では、現役のお笑…

元コミュ障の吉田尚記アナが伝授する、今日から使える(秘)コミュニケーションテク

“元コミュ障”という実体験を活かし、著書『元コミュ障アナウンサーが考案した 会話がしんどい人のための話し方・聞き方の教科書』(アスコム)を上梓したニッポン放送のアナウンサー・吉田尚記さん。ご自身の経験を元に編み出した、若手ビジネスパーソンがす…

初対面の人や上司と話す時……シーン別、コミュ力を高めるキラーワード

ビジネスの基本となる、コミュニケーション力。けれど、「緊張して会話が弾まなかった」「初対面の相手となにを話せば良いのか分からない」などと悩む人は少なくありません。そこで役立つのが、会話を弾ませるキラーワードの数々。コミュニケーション研究家…

雑談力の鍛え方! 「雑談上手」になるために、日常でできるトレーニング方法

雑談上手になるためのテクニックを学んでも、日々実践しないとなかなか身に付かないもの。特に、人見知りやあがり症で、初対面や顔見知り程度の人との会話に苦手意識があると、訓練しようにも思い切れないことも多いでしょう。雑談力を向上させるには、どの…

【一流の雑談力】「雑談は“話す”ことが重要ではない」ビジネスシーンにおける話の広げ方&盛り上げ方

ビジネスシーンにおいて、雑談が得意なほうが有利に働くことがあります。雑談を通して取引先や顧客と親しくなることで「○○さんは話しやすい」と感じてもらえて、大きな依頼や定期的な発注をもらえることがあるからです。でも、話題を振ってみても話が広がら…

クレーム対応のスペシャリストが解説! クレームでのストレスをゼロにする方法

業種や職種を問わず、クレームに頭を悩ませているビジネスパーソンは多いのではないでしょうか。「怒られるのが怖い」「できるだけ早く逃げたい」と感じている人は、クレーム対応を嫌な仕事と捉えがちです。しかし、それでは相手の怒りが収まらず、さらなる…

人間関係リセット症候群とは。医師が語る解決法

SNSやネット環境の普及により、簡単に人間関係を構築できるようになった現代において、その存在が大きくなりつつあるのが「人間関係リセット症候群」という現象です。その範囲は、友人や知り合いだけではなく結婚相手や職場の人間関係にまで及び、離婚や退職…

「電話だと緊張してしまう…」電話のストレスを軽減させるためのテクニックとは?

在宅勤務やリモートワークの増加により、「電話」が重要なコミュニケーションツールとして今まで以上に使用されています。しかし、「電話だとなぜか緊張してしまう」とストレスを感じる人は案外多いようです。そこで今回は、電話のストレスを軽減するテクニ…

知っておくと職場の人間関係が楽になる!? 人間関係における「好き」「嫌い」のメカニズム

人間関係において「好き」「嫌い」の感情は必ず付いて回るものです。とはいえ、職場における好きな人や嫌いな人への思いを紐解いてみると、「明確な理由はないけど好き」「なんとなく嫌い」ということも少なくないはず。それが仕事に影響を及ぼすこともあり…

上司との関係を良好に保つ「後腐れのない残業回避術」

“ワークライフバランス”を重視した働き方が普及しつつある現代において、「上司との付き合い残業」は、なるべく避けたいことの1つです。ただ一方で「上司が残業しているのに部下が先に帰るなんてあり得ない」といった考えを持つ上司もいるかもしれません。そ…

レンタルなんもしない人に聞く、控えめコミュニケーションのかたち 「なんもしない」でも他人と交流できる?

Twitterのフォロワーは27万人以上、テレビや雑誌にも取り上げられているレンタルなんもしない人。(以下、レンタルさん)「なんもしない人(僕)を貸し出します」と記載されたプロフィール通り、なんにもしないことを仕事にしています。コミュ力が重視される…

親しき仲にも礼儀あり! 同期に謝罪するときに心得ておくべきこと【起死回生の謝罪術#5】

ビジネスパーソンにとって、同僚・同期は距離の近い存在。仕事で彼らと助け合い、厚い信頼関係を築いている人も多いのではないでしょうか。ただ、いくら距離が近いからといって、「謝罪時の対応」を蔑ろにしてはいけません。今回は、ビジネスマナー講師の桜…

キャビンアテンダント、タクシー運転手、ヘアメイク……雑談の達人たちに聞いた、会話の鉄板ネタと工夫のポイントとは?

仕事上、初対面や顔見知り程度の人と雑談する機会の多い人もいます。一見、何の苦もなく話して、さりげなく距離を縮めることが上手に見える雑談力の高い彼らですが、それぞれの工夫があるのでは⁉ 今回は筆者が「雑談の達人」だと感じた、さまざまな職業の人…

「菓子折り」は本当に必要? 取引先に謝罪するときのマナー【起死回生の謝罪術#4】

信頼や関係性というのは、ささいなことで簡単に崩れてしまうものです。特に取引先との仕事におけるそれらは、一度崩れると元に戻るまで長い時間がかかります。そこで大事になるのが「謝罪の方法」。謝罪時に誠意を見せることができれば、信頼や関係性を大き…

雑談のハードルは低くてOK? 仕事のシーンで気軽に使える、雑談力アップのためのきっかけレシピを公開!

接点の見当たらない相手とも雑談で盛り上がることができれば、距離も縮められて、社会人として有利に働くことも多い。そう分かってはいても、一体なにを話せばいいのか分からないものです。天気の話をしても長続きせず、かといって個人的な話を突っ込んでい…

これで最低限の雑談ができるように! 雑談力を養うための「会話のきっかけレシピ」とは?

日常生活の中で、雑談を“しなくてはいけない”シーンは意外に多いもの。例えば、会社の行き帰りにほとんど接点のない上司とバッタリ出くわし、5分ほどの道のりを会話しなくてはいけなくなったり、初めて訪問するクライアントとの距離を縮めるために、プレトー…

おざなりにするのはNG! 部下や後輩相手だからこそ気をつけたい、謝罪のポイント【起死回生の謝罪術 #3】

会社で部下や後輩がミスをし、上司に叱られ謝っている光景はよく目にします。組織に属している以上、ミスをした人がその対象者に謝るというのは基本です。しかし、逆に上司や先輩がミスした時はどうでしょう。「後輩や部下だから」といった理由や、自身のプ…

“勘違い”で叱られてしまったときの対処法は? 上司・先輩に対する謝罪のポイント【起死回生の謝罪術 #2】

組織の中で仕事をする以上、誰でも上司や先輩に一度は注意されるものです。人は失敗から社会のルールや仕事の厳しさを学ぶこともあるため、ミスをしたことで叱られることは次へ活かすチャンスだと思うくらいポジティブに構えてもいいでしょう。しかし、上司…

電話やメールでの「謝罪」は失礼? 遠隔だからこそ気を付けたい、謝罪のポイント【起死回生の謝罪術 #1】

仕事でミスをしたとき、必ず行う“謝罪”。得意な人はまずいないでしょう。特に今は多くの企業がリモートワークを取り入れているため、謝罪をする必要があったとしても「遠隔」で対応しなければなりません。けれど、対面よりも相手の温度感が掴みづらく、案外…

社内のコミュニケーションでLINEを使うコツ!「返報性の法則」と「メラビアンの法則」で好感度アップ

ビジネスコミュニケーションの中でも社内のやりとりにLINEなどのコミュニケーションアプリが活用されることは多いようです。メールとはちょっと違うコミュニケーションを、心理学「返報性の法則」と「メラビアンの法則」でより円滑にする方法をレクチャーし…

心理学を応用してコミュ力UP!「DESC法」と「熟知性の法則」

働く中で「断りたい」と感じることは誰しもあるはずです。しかしそれをしてしまうことで、人間関係に影響するかもしれないと、心配になることもありますよね。そこで心理学を活用して上手に「断る」コミュ力UP術を伝授します。

ツイッター運用歴10年以上! 東急ハンズの「中の人」に聞いた、コミュニケーションの大切さ

2009年からツイッターをはじめ、フォロワーの心をがっちりと掴んでいる東急ハンズ公式アカウント。その「中の人」にお話を伺うと、顔の見えないSNSの世界だからこそ痛感した、コミュニケーションの大切さ、そしてツイッター運用歴10年で培った「現代のはたら…

後輩になんとかやる気を出してほしい…!モチベーションを引き出すために

同じチームではたらいている後輩に、どうもやる気が感じられない…。貴重な戦力である後輩のパフォーマンスが低下すると、そのしわ寄せで自身の業務量や残業が増えてしまう、というのもよくある話です。しかし、そんな後輩に「やる気を出そう!」とただハッパ…

チームマネジメントで良好な人間関係を築け! 仲間と仕事を達成するための記事3選

これから新しいメンバー、そして新しいチームで仕事に臨むという人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、チームマネジメントで良好な人間関係を築いた企業の事例やチームビルディングの方法、また失敗経験など、チームワークに関する記事を3つ紹介しま…

ビジネスパーソンの新常識。80文字で相手に伝わる文章テクニック

「あなたは、相手に伝わる文章を書けていますか?」

1人で抱え込んでしまう人へ 後輩に仕事を頼む時に覚えておきたい、7つの心構え

今回は、後輩に仕事を頼む上で押さえておきたいポイントを紹介します。「後輩に仕事を任せたいけど、ついつい不安で自分でやってしまう……」そんな経験、心当たりありませんか?「自分でやったほうが早い」というのは正しいかもしれませんが、それではいつま…

コミュ力を上げて良い関係を築く!『コミュニケーション大百科』が発売

株式会社かんき出版が、2019年2月12日(火)に『【イラスト&図解】コミュニケーション大百科』を発売開始しました。本書は、「伝える」「聴く」「質問する」「切り出す・切り返す」「大勢の前で話す」「仕事以外での会話」といった6つのシーンから、コミュ力…

「“好き”を仕事にしているのに、生きづらい…」26歳・アパレル販売職(男性)の悩みを、 アサダワタルさんに相談しました。

読者さんから悩み相談のメールが届きました。

相手と距離がグッと縮まるコミュ力UPキラーフレーズ12選 - 元劇団四季団員に学ぶ!

元劇団四季団員であり、現在はプレゼントレーナーの櫻井秀樹さんに、相手との距離をグッと縮める上で効果的なキラーフレーズについて伺います。コミュニケーション力UPの秘訣を学びましょう。

先輩と自然に打ち解けたい…!そんな人間関係の悩みに効く、すぐに実践できる3ステップ

会社には自分より年上の人が多くいるものですが、その中でもっとも身近な存在である “先輩” 。「役員や上司とは少し距離を感じるけど、先輩だったら平気」と感じる人もいると思います。 それでは、先輩と良好な人間関係を築くためにはどのようにしたらいいの…

雑談力を上げるコツとは?雑談力本の筆者が教えてくれた「一流の雑談力」

雑談力UPの秘訣をご紹介します。名刺交換の後、商談前の「雑談」がイマイチ盛り上がらない。相手からの信頼を得るためにコミュニケーションを円滑にしたいとは思うけど、何を話したらいいのか分からない。あなたもそんな経験はありませんか?

質問力を磨いてコミュニケーション力をアップ!口下手ほど伸びしろアリ!

「営業職だけど、人と話すのが得意じゃない」「飲み会で上司との会話が思うように続かない」。日々の仕事のあちこちの場面で、コミュニケーション力について悩んでいませんか?コミュ力UPの秘訣は“質問力”にありました。口下手ほど伸びしろがあるので、ぜひ…

コミュ力を高める - コミュニケーションを円滑にするあいさつのコツ

日常生活と仕事、どちらにおいても、人とコミュニケーションを図る上で欠かせないのがあいさつです。あいさつはTPOに合っていることはもちろん、相手によって適切な表現に変えて使うことも大切だとされています。あいさつのコツをつかんで、コミュ力を上げま…

「伝え方」で仕事の成功率が変わる!相手の『ノー』を『イエス』に変える3原則とは?

「伝え方」は、仕事をより円滑に進める上で必須のコミュニケーションスキル。同僚に頼みごとをするときや、取引先とのプレゼンなど、自分の伝え方次第でその後の命運が決まることってありますよね。

いっときの感情に流されない! 即席・感情コントロール術で人間関係を円滑にする

仕事を円滑に進めるためにも、感情をうまくコントロールするには一体どうすればいいのでしょうか?いっときの感情に流されない、即席・感情コントロール術で人間関係を円滑に。和田秀樹さんにお話を伺いました。

思い通りに話をまとめる交渉術。仕事上の基本スキルを紹介

交渉は、お互いが利益確保のために、商談相手と特定の内容について話し合いを行うことです。営業や給与アップの相談など、社会人にとって必要とされる「交渉」のスキル。 今回は、交渉トレーニングの専門集団スコットワーク株式会社のコンサルタント・増倉洋…

page top