「ビジネスメール」の記事一覧

「結局、何が言いたいの?」とは言わせない!分かりやすく話をまとめる技術

話やメール文が長過ぎて、上司から「つまり、何が言いたいの?」と言われた経験はありませんか?あれもこれもと言いたいことが多過ぎて、相手に肝心なことが伝わらずモヤモヤしている人は多いかもしれませんね。そこで今回は、電通のコピーライターで『ひと…

「ご教示」と「ご教授」の意味の違いとは?使い分けや例文も紹介

「ご教示とご教授、どちらが正しいのだろう?」と、メールで目上の相手に何かを教えてもらう際に悩んだことはないでしょうか。今回は、ビジネスシーンで正しく使い分けられるように、「ご教示」と「ご教授」の意味や、注意点を詳しく解説します。

ご容赦くださいの意味や使い方をマスター!ご了承くださいとの違いも解説

「ご容赦ください」だけでは、謝罪する際に不十分であることを理解した上でビジネスメールなどに使っていますか?本記事で「ご容赦ください」の意味や、正しい使い方をマスターしましょう。

取り急ぎの意味や使い方は?目上の相手への言い換え表現や例文も解説

「取り急ぎ」の意味をよく理解せずに、ビジネスメールなどで使用していませんか?使う際は、相手に失礼にあたらないように注意しましょう。本記事では、ビジネスシーンで失敗しないために、「取り急ぎ」の意味や使い方を解説します。

「ご自愛ください」の意味や使い方は?注意点と言い換え表現も紹介

「ご自愛ください」という言葉を目にしたことや耳にしたことはありませんか?相手の体調を気遣う際に使う言葉ですが、時として間違った使い方をされることがあります。本記事で「ご自愛ください」の意味や使い方を理解しましょう。

「ご放念ください」の意味とは?正しい使い方やタイミング、例文を紹介

「ご放念ください」を見て意味が理解できなかったことはありませんか?「ご放念ください」は主にビジネスメールで使用する言葉です。本記事で、「ご放念ください」の意味や使い方を確認していきましょう。

「なるほど」は相手に失礼な印象を与える?正しい言い換え表現を解説

上司や取引先との会話で、無意識に「なるほど」を使っていませんか?心当たりがある方は、もしかすると相手に失礼な印象を与えているかもしれません。今後は、言い換え表現を使うようにしましょう。本記事で、「なるほど」の意味や目上の相手に使える代わり…

ビジネスシーンでの断り方のコツは?シーン別に今日から使える例文も紹介

ビジネスシーンで、上司や取引先からの誘いの断り方で悩んだことはありませんか?誤った断り方をすると、相手を不快にさせることがあるでしょう。本記事では、ビジネスシーンにおける断り方のコツや、注意点を紹介します。

「当方」の正しい使い方と意味は?シーン別の言い換え表現も解説

自分を指す言葉として「当方」をビジネスメールなどで使用していませんか?実は、その使い方は間違っている可能性があります。本記事で、「当方」の正しい使い方を確認しておきましょう。

「伺う」の正しい使い分けをマスターしよう!意味や例文も紹介

「伺う」を正しく使い分けていますか?さまざまな意味を持つため、ビジネスメールで使用する際は、相手を困惑させないよう注意しなければなりません。「伺う」の持つ3つの意味や、例文を学びましょう。

「とんでもないです」は正しい敬語表現なの?意味や言い換え表現を解説

「とんでもないです」は正しい敬語表現でしょうか?それともNG表現でしょうか?上司や取引先から褒められた時に正しく返答できるように、「とんでもないです」の意味や正しい敬語表現・言い換え表現を把握しておきましょう。

「何卒」の意味は?ビジネスでの使い方も例文でわかりやすく解説

「何卒」の意味を理解した上で、ビジネスメールを送信していますか?ビジネスシーンで使う機会が多い言葉だからこそ、使い方を理解しておくことが大切です。本記事で、「何卒」の意味や使い方を確認しておきましょう。

「構いません」は敬語なの?目上の人に使える?意味や使い方を解説

「構いません」は敬語として気軽に使われる言葉です。しかし、正しい意味や使い方を理解しているでしょうか。本記事で、「構いません」が目上の相手に使える敬語なのかを確認していきましょう。

「ちなみに」は敬語表現なの?意味や使い方、言い換え表現を解説

「ちなみに」が敬語表現なのか気になることはないでしょうか。また、間違った使い方をしていることもよくあるため、使用には注意が必要です。本記事で、「ちなみに」の意味や正しい使い方を例文と一緒に確認していきましょう。

「させていただく」は正しい敬語表現?2つの条件がポイント

「させていただく」の使い方を理解せずにビジネスメールで使っていませんか?実は、「させていただく」を使用するにはいくつかの条件を満たさなければなりません。本記事で、正しい使い方をマスターしましょう。

「拝受(はいじゅ)」どんな意味で使う言葉?使い方や例文も解説

「拝受(はいじゅ)」は目上の人に対して使用できる言葉です。取引先からメールや資料を受け取った際に使います。「拝受」を使いこなせるように、本記事で意味や使い方を理解しておきましょう。

「恐縮です」の意味を正しく理解している?使い方と例文を解説

「恐縮です」の意味を理解せずに、ビジネスメールで使用していませんか?「恐縮です」は感謝の気持ちを伝えるときや依頼を断るときに使える便利な言葉です。本記事で意味を理解し、正しく使えるようになりましょう。

催促メールのコツは?やんわり伝える方法や社外・社内向け例文を紹介

催促メールの書き方やタイミングを誤ると、相手を不快にさせてしまうことがあります。そこで、あらかじめポイントを理解した上で、メールを送信することが大切です。ビジネスシーンで相手を不快にさせない催促メールのコツについて、本記事で確認しましょう。

「所存(しょぞん)です」の意味は?正しい使い方を例文とともに解説

「所存です」は、意味をよく理解せずについビジネスシーンで使いがちな言葉です。丁寧な表現ですが、使い方を間違えると失礼な印象を与えたり、不自然になったりすることがあります。本記事で「所存です」の意味を理解し、職場で使いこなせるようになりまし…

「差し支えなければ」の意味は?敬語なの?ビジネスでの使い方を解説!

「差し支えなければ」は、ビジネスシーンで使う機会の多い言葉です。しかし、使い方をよく理解せずに使用している方もいるのではないでしょうか。本記事で「差し支えなえければ」の意味や敬語なのかを確認しましょう。

「つきましては」の意味と使い方は?ビジネスシーンで使える例文も紹介

「つきましては」の正しい意味を知らずに、ビジネスで使っていませんか?「つきましては」には2つのパターンがあるため、状況に応じて使い分けなければなりません。本記事で、「つきましては」の正しい意味や使い方を理解しましょう。

「僭越ながら」の意味は?ビジネスでの正しい使い方や例文を紹介

「僭越(せんえつ)ながら」の正しい意味を理解して使っていますか?本記事で「僭越ながら」の意味や使い方を理解し、結婚式のスピーチや忘年会の乾杯の音頭で使ってみましょう。

「わかりました」は正しい敬語?承知しましたとの違いも解説

「わかりました」を当然のように上司の前で使っていませんか?「わかりました」は敬語表現ではありますが、目上の相手への使用は控えた方がよい言葉です。本記事で「わかりました」が正しい敬語なのかを確認していきましょう。

「ご指導ご鞭撻のほど」とは?正しい使い方とシーン別の例文を紹介

「ご指導ご鞭撻」は、入社時や結婚式などにおいてよく使われるフレーズです。しかし、日常生活では聞かない言葉のため、具体的な使い方がわからない方も多いのではないでしょうか。本記事で、「ご指導ご鞭撻(のほど)」を使いこなせるようになりましょう。

「ご査収の程よろしくお願いいたします」の意味や使い方は?例文もチェック

ビジネスメールで「ご査収」を正しく使用していますか?「ご査収の程よろしくお願いいたします」は目上の人に使えるのに対し、「ご査収ください」だと失礼にあたることがあります。本記事で、正しい使い方を理解しましょう。

「失念」の意味とは?ビジネスシーンでの使い方を例文付きで解説!

失念の意味を正しく理解できていますか?何かを忘れた際、つい気軽にビジネスメールで「失念」を使っている方も多いのではないでしょうか。本記事で、「失念」の意味や注意点を確認しましょう。

「幸いです」の使い方とは?ビジネスで目上の相手に使う際の例文も紹介

ビジネスメールでは、「幸いです」を使用することがよくあります。ただし、目上の相手に使う際には注意が必要です。本記事で、「幸いです」の意味や正しい使い方を押さえておきましょう。

「ご了承ください」は目上の人に失礼なの?意味を詳しく解説

仕事のメールや文書で、「ご了承ください」の意味を正しく理解して使っていますか?使い方を間違えると失礼にあたるため、本記事で「ご了承ください」の意味や言い換え表現を学びましょう。

相手の気持ちを動かすビジネスメール文例集! たった一言で思いやりあふれるメールになる!

ビジネスメールはどうしても堅苦しくなってしまうもの。ただそのせいでお互いに程よい距離感になれない場合もあります。そこで今回は、ビジネスパーソンにヒアリングを行い、気持ちが動いたビジネスメールの一言をエピソード付きで紹介します!

【例文付き】異動の挨拶メールの書き方や注意点・マナーをプロが解説!

春と秋は人事異動のシーズンです。異動前と異動後には、関係者への挨拶メールを送るものですが、どんなことに注意して挨拶メールを送ればいいのでしょうか。引き継ぎの内容がうまく伝わらないと、後任の担当者が困るだけではなく、今まで築き上げた信頼を損…

CCにより大量メールに追われてしまう! ビジネスメールの整理術&時短のコツをプロが解説!

知らないうちに増えていくビジネスメール。メールのCCやメーリングリストに入れられたために、メールが大量に届き、対応に追われている人も多いのではないでしょうか。多い人は1日300通以上届き、重要なメールを見落とすなど、業務に支障が出てしまうことも…

ビジネスメールのマナーを改めて学ぼう! ToとCcの使い分け、添付ファイルのマナー、機種依存文字の使用可否

社会人として必ず身に付けるべき、ビジネスメールのマナー。曖昧なままにしていると、相手に誤解や不快感を与えるメールを送ってしまう可能性があります。そこで今回は、一般社団法人日本ビジネスメール協会・代表理事の平野友朗先生に、ビジネスメールの仕…

深夜のメールはマナー違反? リモートワークで変容するはたらき方に合わせたビジネスマナー

若手ビジネスパーソンのなかには、自己流マナーで仕事相手と接している人も多いのではないでしょうか。正しい言葉遣いやメール対応ができていないと、自分自身はもちろん会社の評価を下げてしまう可能性もあります。今回は、マナー講師として多岐にわたり活…

間違って使ってない!?メール文面でのあるあるNG敬語

ビジネスシーンで知らないうちに使ってしまっている「NG敬語」。中には、本当は誤った敬語なのに慣例的に定着しているものや、一見間違っているようでいて実は正しい敬語というものもあります。今回はメールでのコミュニケーションについてです。

メールだって印象が大事!クライアントとの打ち合わせ日程調整メールの書き方

20代が身につけておきたい「ビジネスメール」術の連載第2回は、一般社団法人日本ビジネスメール協会代表理事の平野友朗さんに「クライアントとの打ち合わせなどで日程調整をする時のメール」の書き方を解説していただきました。

メールだって印象が大事! 基礎から学ぶビジネスメール塾 第一回 相手に気持ちが伝わる「お詫び」のメール

仕事でミスをしてしまった時などに送る「お詫び」のメール。早急に謝罪の気持ちを相手に伝えられることが大きなメリットですが、書き方が分からず対応が遅れてしまっては意味がありません。そこで今回は、「お詫びメール」の書き方について紹介します。

メールだって印象が大事! 基礎から学ぶビジネスメール塾 第三回 社内コミュニケーションが円滑になるメールのポイント

メールは仕事上においてクライアントや上司、その他多くの相手との大事なコミュニケーション手段の一つ。相手から好印象を持たれるようなメールを送ることができれば、きっと仕事をスムーズに進める助けになるはずです。

page top