【30代の年収】業種別、平均年収ランキング!将来の年収アップの可能性もチェック

業種によって平均年収はさまざまです。自分と同じ業種の同年代はどのくらいの収入を得ているのか、気になることはありませんか? 今回は2020年9月~2021年8月の1年間で調査した最新の平均年収データから、30代の平均年収を職種別にご紹介します。

働き盛りの30代。20代の駆け出しの時期を過ぎ自分の仕事にも自信がついて、すでに後輩にさまざまな仕事のノウハウを教える立場にいる方も多いでしょう。

今回は、30代の業種別平均年収を見ていきます。また、今の仕事を続けていたら、50代にはどれくらいの年収になるのかを併せてチェックしていきましょう。

>>>さっそく平均年収ランキングをみる

30代の平均年収は437万円! ボリュームゾーンは300〜500万円台

30代ビジネスパーソンの平均年収は437万円でした。男女別では男性が474万円、女性が378万円です。

年収分布では300〜400万円未満が28.3%で最も多く、次いで400〜500万円未満が24.7%。300〜500万円未満の方が半数以上いることが分かります。20代では年収700万円以上の人が1.1%だったのに対して、30代では8.0%となっており、12〜13人に1人は700万円以上の年収を得ている計算になります。

20代の平均年収は341万円でしたので、それと比較すると20代から30代で100万円程年収がアップする可能性がありそうです。

>>>20代の平均年収ランキングはこちらから

30代の業種別平均年収ランキングを発表!

30代の業種別平均年収ランキング1位は「金融」の530万円でした。30代唯一の500万円台、さらに2位との差は28万円です。2位と3位の差は15万円、3位と4位の差は4万円と一つ下の順位との差をみても10業種で一番大きな差となっており、突出して平均年収の高い業種と言えそうです。

次は上記10業種をさらに細かい小分類でランキングにしてみましょう。

上記の10個の業種をさらに細かく分類した、96業種でトップ10を見てみると、1位は「金融」の「投信/投資顧問」の697万円でした。さらにさらに他にも「証券会社」「都市銀行」「信託銀行」「リース」の4つがランクインしており、「金融」業種が半数を占める結果となりました。

一方で、大分類業種では7位だった「メディカル」の小分類業種が、7位と8位にランクインしていました。

>>>金融業界のランキングはこちら

30代と50代を比較。将来の年収アップの可能性もチェック

上表では、30代の平均年収と50代の平均年収を業種ごとにまとめました。こちらを見てみると、30代と50代で最も平均年収に差があるのは「総合商社」の355万円でした。次いで「メディカル」が263万円の差があります。

「メディカル」は、30代の平均年収では10業種の中で7位でしたが、50代の平均年収では693万円とであり、30代では上位だった「建設/プラント/不動産/」「専門商社」「インターネット/広告/メディア」を抜いています。このように、他業種と比較して30代の平均年収が低かったとしても、将来的にはアップする可能性もあります。

>>>「メーカー」「インターネット/広告/メディア」「小売/外食」の50代平均年収を知りたい方はこちら! 

30代は仕事での裁量も大きくなる分大変さも増しますが、仕事に楽しみを感じられるときでもあります。その中で、仕事で得られる給与への希望も生まれてくることでしょう。

あと数十年働いていくことを考える上で、今回の調査データを参考にキャリアプランを考えてみるのも良いかもしれませんね。

<出典>
平均年収ランキング(業種別の年収情報) 【最新版】

【関連記事】
【年収】20・30代の平均年収は? あなたの地元は何位? 年代別・都道府県別平均年収ランキング【最新版】
【20代の年収】職種別平均年収ランキングを発表! 1位は2年連続、あの職業!

page top