社会人5年生の「お金」事情。気になる年収、貯蓄額はどのくらい?

後輩もでき、若手ながらも“中堅”と言われるようになってきた社会人5年目。気力も体力も充実しているこの時期の皆さんのお金事情は、果たしてどうなっているのでしょうか? まいにちdoda編集部では、社会人5年目のビジネスパーソン205人に「お金」に関して聞いてみました。

社会人5年目のリアルな年収、いったいいくら?

社会人5年目のみなさんに、現在の年収について聞いてみました。

f:id:tomohiro98:20200819090905j:plain

【社会人5年目】

100万円未満…1.5%
100万円台…5.9%
200万円台…14.6%
300万円台…35.6%
400万円台…20.5%
500万円台…7.3%
600~900万円台…6.3%
1000万円以上…0.0%
答えたくない…8.3%

もっとも多かった答えは「300万円台」で3分の1強の人が300万円台という結果となりました。続いて多かったのは「400万円台」で20.5%という結果に。

前回行った社会人3年目のビジネスパーソンへのアンケートでは、もっとも多かったのが200万円台(32.0%)、次に多かったのが300万円台(28.6%)でした。2年で約100万円年収がアップしている人が多いと言えるかもしれません。

f:id:irakuy919yukari:20200818105218j:plain

【社会人3年目】

転職サイトのdodaが行った調査「平均年収ランキング2019」では、2019年の全世代の平均年収は408万円、20代の平均年収は345万円となっています。

次に、社会人5年目の皆さんが、現在の職場で給与が上がる見込みがあると考えているのかを聞いてみました。

f:id:irakuy919yukari:20200818105343j:plain

【社会人5年目】

見込みがある…40.5%
見込みがない…33.2%
わからない…26.3%

「見込みがある」と考えている人が、全体の40.5%。約4割の人が、今後も給与は上がっていくと考えているようです。しかし、33.2%の人が「見込みがない」、26.3%の人が「わからない」と答えています。

社会人3年目の皆さんに聞いたアンケートもほぼ同様の結果でした。会社や給与への期待感は、2年経ってもあまり変わりはないようです。

社会人5年生が考える希望年収はどのくらい?

では、社会人5年目の皆さんは、どのくらいの年収が欲しいと考えているのでしょうか。

f:id:irakuy919yukari:20200818105447j:plain

【社会人5年目】

100万円未満…0.5%
100万円台…1.0%
200万円台…2.9%
300万円台…17.6%
400万円台…23.9%
500万円台…20.5%
600~900万円台…17.1%
1000万円以上…9.3%
特になし…2.4%
答えたくない…4.9%

最も多い回答は「400万円台」で全体の23.9%。次に多いのが「500万円台」で20.5%という結果に。

そのほか「600〜900万円台」が17.1%、「1000万円以上」という回答が9.3%となりました。

社会人3年目の皆さんのアンケートと比較してみると、少し面白いことに気づきます。社会人3年目の皆さんの希望年収でも、1番多かったのが「400万円台」で全体の23.3%。2番目に多かったのが「500万円台」で18.0%という数字で、5年目とほぼ同じ結果でした。

f:id:irakuy919yukari:20200818105538j:plain

【社会人3年目】

少し違っているのが「1000万円以上」と答えた人の割合。社会人3年目では13.6%いた「1000万円以上」希望者が、社会人5年目となると9.3%に減っています。

これは、社会人5年目ともなると、会社の事情への理解が深まったり、先輩社員の現実を知るようになったりして、理想を抱かなくなるということなのでしょうか……。大きな夢を抱く人が少なくなり、現実的で実現可能な数字を追いかけるようになっているのかもしれません。

社会人5年生になると、貯蓄する人・しない人の差が顕著に現れる!

最後に、社会人5年目の皆さんの貯蓄額について聞いてみました。

f:id:irakuy919yukari:20200818105632j:plain

【社会人5年目】

100万円未満…24.4%
100万円台…10.7%
200万円台…9.8%
300万円台…10.7%
400万円台…7.8%
500万円台…9.3%
600~900万円台…8.8%
1000万円以上…4.4%
特になし…1.0%
わからない…4.4%
答えたくない…8.8%

貯蓄額で最も多いのは「100万円未満」で24.4%。次に多かったのが「100万円台」、「300万円台」が同率で10.7%という結果に。全体的に見ると貯蓄額が199万円以下の人が、約35%を占めています。

「400万円台」「500万円台」「600〜900万円台」の人もそれぞれ1割弱という結果になっており、貯蓄額に関してはかなりバラつきが見られる結果となりました。

f:id:irakuy919yukari:20200818105705j:plain

【社会人3年目】

社会人3年目の皆さんの回答と比べてみると、「200万円台」と答えた人の割合だけは減っている(3年目 16%→5年目9.8%)ものの、「300万円台」「400万円台」「500万円台」「600〜900万円台」「1000万円以上」と答えた人の割合はそれぞれ多くなっています。

5年と聞くと短い感じもしますが、右も左もわからなかった社会人1年生が後輩や部下を持ち、責任を持って仕事を回していける中堅社員になると考えると、その歳月はかなり長いものです。

5年間、社会人として過ごすうちに現実が見えてきて大きな希望を抱かなくなったり、貯蓄する人としない人で大きな差が開いてきたり……。

社会人5年目の皆さんに聞いたお金に関するアンケート、シビアな現実が可視化される結果となりました。

文=松村知恵美
編集=TAPE

■調査概要実施
期間:2020年7月16日~17日
手法:インターネットアンケート
モニター:Fastask
サンプル数:205名
対象:全国の25〜29歳の入社5年目社会人男女 会社員・公務員

【関連記事】
平均年収ランキング2019
年収は? 貯蓄額は? 社会人3年生に「お金」について聞いてみた
初任給に満足してる? 何に使った? 社会人1年目の「お金」のリアル
社会人7年目の年収・貯蓄額は? リアルな経済状況教えてください!
ライフイベントについて考え始める社会人5年目、彼らの“はたらく人生設計”とは?

page top