【Excel(エクセル)】掛け算の方法は3つ!「*」だけじゃない使い分けも解説

Excel(エクセル)で掛け算をする方法は、 「*(アスタリスク)」だけではありません。PRODUCT関数やSUMPRODUCT関数でも、計算が可能です。今回は、Excelの掛け算方法や、シーンに応じた使い分けを解説します。

【Excel】掛け算で「*」を使うよりずっと楽!複数のセルの掛け算にはPRODUCT関数を使おう

Excelの作業効率化を進めるためには、いかに四則計算(足し算・引き算・掛け算・割り算)をスムーズにできるかがポイントです。今回は、Excelでの掛け算方法や関数を解説します。

Excelで掛け算する方法は3つある

Excelで掛け算処理する方法は、以下の通りです。

  1. アスタリスク(*)を使用した計算する
  2. PRODUCT関数を使って計算する
  3. SUMPRODUCTを使って計算する

ここから、3つの方法を詳しく解説します。

【無料ダウンロード可能】あなたのPCスキル診断シート

方法1. アスタリスク(*)を使用した計算が基本

アスタリスク(*)を使えば、関数なしで手軽に掛け算ができます。以下の流れで計算しましょう。

手順1 入力するセルに「=」を入力する

まず、エクセルで掛け算の計算結果を表示したいと考えているセルをクリックし、「=」を入力します。

手順2 掛け算するひとつ目のセルを選択する

続いて、掛け算しようと考えている数字が入力されているセルをクリックします。

手順3 「アスタリスク」を入力する

「=」の後に手順2で指定されたセルの番号が表示されたら、「*」を加えます。

手順4 掛け算するもうひとつのセルを選択する

最後に、掛け算しようとしているもうひとつのセルを選択して「Enter」キーを押せば、計算結果が表示されます。

方法2. PRODUCT関数を入力した計算も可能

PRODUCT関数とは、指定した数値の積を求められる関数です。PRODUCT関数を用いれば、掛け算の際に何度も「*」を手打ちする手間を省けます

SUM関数を使用したことがある方なら、PRODUCT関数も理解しやすいです。ここから簡単に手順を解説します。

手順1 入力するセルにPRODUCT関数を入力する

PRODUCT関数は「=PRODUCT(数値1,数値2…)」で定義されます。直接手打ちすることもできますが、計算結果を入力したいセル上で画面上部の「fx」を選択して、「PRODUCT」を見つけた方が便利です。

手順2 掛け算したい箇所のセルを選択する

続いて、数値1や数値2…にあたる部分に、掛け算したい箇所のセルを選択していきます。数値のところは離れたセルを選択してもいいですし、連続しているセルであればドラッグして範囲を指定することも可能です。

この作業だけで、簡単に掛け算の結果が表示されます。

PRODUCT関数の使い方

 

方法3. 状況次第でSUMPRODUCTを入力して計算

状況次第で、さらに高度な関数であるSUMPRODUCT関数を使うことがあります。SUMPRODUCT関数は、「配列どうしの掛け算をして、その積の合計を計算する関数(SUM+PRODUCT)」です。

ここから、SUMPRODUCT関数を利用した計算の流れを確認していきましょう。

手順1 入力するセルにSUMPRODUCT関数を入力する

SUMPRODUCT関数は「=SUMPRODUCT(配列1,配列2,…)」で定義されます。PRODUCT関数と同様に直接手打ちすることもできますが、「fx」を選択して、「SUMPRODUCT」を見つけた方が手間はかかりません。

手順2 掛け算したい部分の配列を選択する

続いて、配列1や配列2…にあたる部分に、掛け算したい部分の配列を入力します。PRODUCT関数と異なり、基本的にひとつのセルではなく、まとまりを指定する点に注意しましょう。

下図の例では、B列にある「単価/個」とC列の「ケース入数」、D列「販売ケース数」を掛け算したものを合計するため、配列1の部分に「B2:B10」、配列2に「C2:C10」、配列3に「D2:D10」を指定しています。

B列・C列・D列の掛け算したものを合計した計算結果

ここまでの作業だけで、指定したセルに「B列・C列・D列の掛け算したものを合計した計算結果」を表示できます。

【無料ダウンロード可能】あなたのPCスキル診断シート

Excel掛け算の方法は目的によって使い分ける

Excelでは、3つの掛け算方法の中でどれがベストというものはありません。以下のようにシーンに合った計算方法を都度選ぶことが業務効率化につながるでしょう。

  • シンプルな掛け算:アスタリスクを使用する
  • かける数の個数が多い場合:PRODUCT関数を使用する
  • 売上合計のように、各列の積を求めてから合計する場合:SUMPRODUCT関数を使用する

例えば、ボールペンの本数と単価をかけるだけのシンプルな掛け算であれば、「アスタリスク」だけで十分対応可能です。しかし、下図のようにかける数の個数が多い場合に「アスタリスク」を使うと、いちいち手打ちする手間がかかる上に、入力ミスにもつながりかねません。

アスタリスクを使用する場合

そこで、掛け算が多い時には、「PRODUCT関数」を利用するとよいでしょう。ただし、下図の合計売上を計算する場合は、PRODUCT関数でも手間がかかります。

PRODUCT関数でも手間がかかる場合

このケースでPRODUCT関数を用いて「売上の合計」を計算する際は、列を追加してPRODUCT関数で各行の売上を計算してから、SUM関数で列の足し算をしなければならないため、2つの関数の入力が必要です。

PRODUCT関数とSUM関数の組合せ

その点、SUMPRODUCT関数なら、各行の掛け算をすることなく1つの式で計算できるのです。掛け算したい列をそれぞれ指定すると、自動で各行を掛け算して合計してくれます。

足し算・割り算もExcel関数で計算できる!

足し算で通常使用するのは、「+(プラス)」ですが、SUM関数やその派生系のSUBTOTAL関数SUMIF関数でも計算できます。それぞれ以下記事で解説していますので、ご覧ください。

【Excel】小計が含まれる表を計算するときに!SUBTOTAL関数の使い方、活用事例を紹介
【Excel】今さら聞けない? IF関数の使い方を覚えよう! IFを含む6つの関数も一挙紹介

割り算も「/(スラッシュ)」だけでなく、QUOTIENT関数MOD関数で計算できます。QUOTIENT関数やMOD関数は、割り算の「商」と「余り」を求めることができる関数です。使用頻度はあまり高くないと思いますので、頭の片隅においておく程度でいいかもしれません。

割り算にまつわる関数

なお、複素数や平方差の場合を除き単純な引き算の関数は存在しないため、引き算をする場合は「=A1-B1」のように、「-(マイナス)」を使うしかありません。

Excelの掛け算にまつわるQ&A

最後にExcelで掛け算を使うときによく見られる疑問・質問にお答えします。知っておくと得するテクニックばかりなので、こちらもぜひ覚えておきましょう。

Excelの掛け算の疑問① 掛ける数を固定したいときはどうする?

掛ける数を固定したいとき

たとえば、上記のように税込みの売り上げを計算したい場合。まず、ボールペンの消費税を計算すべく、E4セルに「=PRODUCT(D4,C1)」(売上×消費税率)と入力します。これをオートフィルでシャーペンや消しゴムにもコピーするのですが、このままでは正しく計算されません。

どうするかというと、E4セルに入力する式において、「C1」を絶対参照にする必要があります。「=PRODUCT(D4,C1)」の式内の「C1」にカーソルを合わせて、「F4」キーを押せばC1が絶対参照となります。そうするとオートフィルをかけても、C1セル(消費税率)が固定され、正しく計算できるようになります。

絶対参照で計算

絶対参照やオートフィルに関しては、以下の記事でより詳しく紹介していますので、あわせてチェックしてみてください。

【Excel】数式にエラーが出るのは「絶対参照」をしていないから! 相対参照と複合参照の違いとは?
【Excel】実は奥が深い「オートフィル」 あなたはどれくらい使いこなせていますか?

 

Excelの掛け算の疑問② 答えを四捨五入したいときはどうする?

四捨五入

小数を含む掛け算の場合、答えにも小数が含まれることがあります。答えを四捨五入したい場合は、ROUND関数を使いましょう。「=ROUND ( 数値 , 桁数 )」で定義され、数値には「四捨五入したい値」、桁数は小数点第一位を四捨五入する場合は「0」を入力します。こちらも詳しくは以下の記事で紹介しています。

【Excel】計算は合ってるのに合計が違う? そんなときに使える! 端数をまるめるROUND関数

 

Excelの掛け算の疑問③ 掛け算の答えの切り上げ・切り捨ては?

切り上げ・切り捨て

切り上げをする場合は「ROUNDUP関数」、切り下げをする場合は「ROUNDDOWN関数」を使います。基本的な使い方はROUND関数と同じです。

 

【Excel】計算は合ってるのに合計が違う? そんなときに使える! 端数をまるめるROUND関数

 

Excelの掛け算の疑問④ 計算式は合っているのに答えが合わない理由は?

「計算式は正しいはずなのに答えが合わない」「Excelの答えと電卓で計算した答えが違う」、そんなときには以下のような理由が考えられます。

  • 入力されているデータと見た目が異なる
  • 「表示桁数で計算する」にチェックが入っている
  • 端数処理の手順がおかしい

Excelの答えと電卓で計算した答えが違う

上記のように、実際に入力されている数値と表示されている数値が違うと、計算が合わないように見えてしまいます。答えがおかしい場合は、まず「小数点以下がどうなっているか」を疑いましょう。

また、「表示桁数で計算する」にチェックが入っていることで、計算が合わないこともあります。仮にチェックが入っていると、たとえば「入力値が1.3、表示値が1」となっている場合、その値は「1」として扱われてしまいます(表示されている値が優先されてしまう)。

「ファイル」→「オプション」→「詳細設定」→「表示桁数で計算する」で設定ができるので、こちらも確認してみましょう。

 

【Excel】計算は合ってるのに合計が違う? そんなときに使える! 端数をまるめるROUND関数

 

たくさんの数を掛ける時にはPRODUCT関数を使おう

Excelでこれまで「*(アスタリスク)」を使って掛け算の計算をしていた方は、ぜひPRODUCT関数を覚えておきましょう。SUM関数ほど知名度は高くないのですが、利便性はかなり高いと思います。

掛け算にしても、足し算にしても、なるべく関数を使ってシンプルな式にするよう心がけましょう。関数不使用で手入力するよりも、ミスが起きにくくなります。使える関数を増やしていくと自分の仕事がどんどん楽になっていきますよ。

【参考記事】
Excel(エクセル)記事まとめ
覚えておけば残業知らず!Excel時短記事まとめ
見づらい資料からサヨナラ!Excel資料作成記事まとめ
覚えて仕事を効率化!Excel関数記事まとめ
PowerPoint(パワーポイント)記事まとめ

page top