キーボードが打てない原因は何? 症状も踏まえて解決方法を紹介

「キーボードが反応しない」「キーボードの特定の文字が打てない」。現代のビジネスパーソンにとって、これほどの重大なトラブルは他にないかもしれません。この記事では、キーボードやパソコンのキーボード設定に生じた不具合の対処方法を詳しく紹介していきます。

※本記事で解説する対処法は、Windows10のパソコンにおける操作手順となります。OSのバージョンなど、作業環境により操作方法が一部異なる場合があります。

「キーボードのすべてのキーが打てない…」そんな時にすべきこと

「キーボードの入力ができない」。キーボードはパソコンの生命線ともいえる重要な部品であり、キーボードが打てなければ何もできません。すべてのキーが反応しない時には、どうすべきなのでしょうか。

まずは原因がどこにあるのかを探ろう!

キーボードに限らず、機械に何か不具合が生じた時には「原因がどこにあるのか」を探りましょう。原因となる箇所がある程度絞れれば、それだけ対処しやすくなります。

キーボードのすべてのキーが打てない場合、例えば次のような原因が考えられます。

  • キーボードの電源もしくはパソコン本体のバッテリーが切れている
  • パソコン本体とキーボードが接続されていない
  • 有線キーボードの場合はコードが断線している
  • 特定の機能が有効または無効になっている
  • 帯電※やドライバーの不具合などが発生している
  • パソコンがウイルスに感染している  など

これらの原因を一つ一つ確認していき、何が原因なのかを突き止めましょう。また、本体とキーボードが一体型のノートパソコンを使っているのか、外付けのキーボードを使っているのかでも考えられる原因は異なります。

※パソコン内に不要な電気がたまってしまっている状態。これによりキーボードだけでなく電源がつかない、画面が真っ暗、動きが遅いなどさまざまな不具合が発生することがあります。

キーボード側に原因がないかを探ってみる

Bluetoothで接続するワイヤレスキーボードを使っている場合は、本体とちゃんと接続されているかを確認してみてください。「設定」→「デバイス」→「マウス、キーボード、ペン」のところで調べることができます。

また、キーボードの電池切れの可能性もあるので、電池残量についても念のためチェックしてみましょう。

有線キーボードで入力不可となる場合は、一度コードをパソコンから抜き、再度差し込んでみましょう。パソコンの差し込み口が複数あるのであれば、別の差し込み口を利用して改善するかを試します。また別のパソコンをお持ちであれば、そちらにキーボードを指してみて文字が入力できるかをチェックします。

別のパソコンでも正常に機能しなければ原因は「キーボード側」に、別のパソコンで文字入力ができれば「パソコン側」の原因が疑われます。もしキーボード側の不具合が疑われる場合は、キーボードの修理や買い替えを検討してみましょう。

キーボードが正常なら、パソコン側に問題があるかも

キーボードが原因ではなくパソコン側の原因が疑われる場合には、次の①~③の改善策を行ってみましょう。

  1. ①パソコンの再起動
  2. ②放電作業の実施
  3. ③キーボードドライバーの更新

キーボードが入力できない時にすべきこと① パソコンの再起動

キーボードを使用しない、マウスだけでのPCの再起動は、以下の手順で行ってください。

  1. 【パソコンの再起動手順】
  2. 1.Windowsアイコン(スタートメニュー)を選択。
  3. 2.「電源」のマークを選択。
  4. 3.「再起動」を選択する(「更新して再起動」のコマンドがある場合はそちらを選択)。
  5. 4.再起動が完了したら、キーボードで入力できるかどうかを確認する。

キーボードが入力できない時にすべきこと② 放電作業の実施

長い間、パソコンの電源を切らずに使い続けていると、パソコンが帯電してしまうことがあります。それが原因でキーボードが誤作動していることも考えられるので、以下の手順で放電作業を試してみましょう。

  1. 【パソコンの放電作業手順】
  2. 1.パソコンの電源を切る。
  3. 2.シャットダウンが完了したのを確認したのち、電源ケーブルを抜く(バッテリーを着脱できるパソコンの場合は、バッテリーを本体から外す)。
  4. 3.その状態で数分間待つ。
  5. 4.再度パソコンの電源を入れ、キーボードが正常に戻っているかを確認する。

キーボードが入力できない時にすべきこと③ キーボードドライバーの更新・再インストール

パソコンでキーボードが使えるのは、「キーボードドライバー」と呼ばれるプログラムソフトが機能しているからです。ここに異常が生じている場合、キーボードが正しく作動しません。次の方法でキーボードドライバーの更新・再インストールをしてみてください。

【キーボードドライバーの更新手順】

  1. 開いているアプリケーション・ウィンドウをすべて閉じる。
  2. 検索窓で「デバイスマネージャー」と検索して、デバイスマネージャーを開く(もしくはWindowsアイコンを右クリックして、「デバイスマネージャー」を選択する)。
  3. デバイスマネージャーのダイアログボックスから「キーボード」を選択。
  4. キーボードデバイスを右クリックし、「ドライバーの更新」を選択。
  5. 更新が完了したら、キーボードの動作確認を行う。

【キーボードドライバーの再インストール手順】

  1. 上記の手順の1~3までを行う。
  2. キーボードデバイスを右クリックし、「デバイスのアンインストール」を選択。
  3. デバイスのアンインストール 画面が表示されたら、「アンインストール」ボタンを選択。
  4. デバイスマネージャーを閉じて、パソコンの再起動を行う。
  5. 再起動すると再インストールが完了するので、キーボードの動作確認を行う。

キーボードの一部のキーだけ打てない文字がある

続いて、キーボードの特定のキーだけが打てない時の対処法です。

テンキーだけが入力できない時にすべきこと

テンキーとは、通常キーボードの右側にある、数字や「+」「-」「×」「÷」が配置されている領域を指します。このキーボードのテンキーが入力できない場合は、「NumLock」がオンになっている可能性があります。

NumLockとは、「Numeric Lock」もしくは「Number Lock」の略。通常NumLockキーはキーボードの右のほうに配置されていることが多く、このキーを使用すると数字の入力のオン/オフを切り替えられます。

NumLockがオフになっていると「テンキーによる数字の入力が不可」となり、オンになっていると「テンキーによる数字の入力が可」となります。

キーボードを打っていないのに連打される時にすべきこと

「キーボードに触れていないのに文字が連続で入力される」、もしくは「キーを一度押しただけなのに文字が連打される」といったケースでは、システムやドライバーの一時的な不具合が原因かもしれません。

入力が勝手に連打される現象が起きている場合は、すでにご説明した「キーボードが入力できない時にすべき3つの対処法」を試してみましょう。

また、USBやBluetoothなど外付けのキーボードをお使いの場合は、「キーボードの再接続」も有効です。こちらもあわせて試してみましょう。

間違ったキーが入力される、配列がおかしい時にすべきこと

このような症状の場合、キー配列の種類が正しく認識されていないことが考えられます。キーボードの配列が日本語ではなく英語配列になっていると「半角/全角キー」を押した時に「 ` 」が表示される、「@キー」を押した時「 [ 」が表示されるなどの現象が発生します。

次の方法で、キー配列の確認・変更を行ってみてください。

1. タスクバーの検索窓で「コントロールパネル」と検索。

2. コントロールパネルを開いたら、表示方法を「大きいアイコン」に変更。

3. 設定メニュー内の「キーボード」を選択。

4. キーボードのプロパティの「ハードウェア」タブを選択。

5. デバイスに表示されている内容を確認。

6. 「英語キーボード(101/102キー)」などとなっている場合は、「日本語配列のキーボード」に変更する。

もし手順6で日本語キーボードに変更できない場合は、キーボードドライバーの更新・再インストールを試してみましょう。

キーボードの入力は一応できるが反応が遅い時にすべきこと

キーボードの反応が遅い時には、キーボードの設定を変更してみましょう。以下の設定変更をすることで改善が期待できます。

  1. タスクバーの検索ボックスで「コントロールパネル」と検索。
  2. コントロールパネルが開いたら、表示方法を「大きいアイコン」に変更。
  3. 設定メニュー内の「キーボード」を選択。
  4. 「キーボードのプロパティ」を開いたら「表示までの待ち時間」「表示の感覚」のスライダを右に動かして調整する。
  5. 「適用」を押して、キーボード入力が改善しているかを確認する。

日本語入力ができない時にすべきこと

「カタカナ ひらがな」や「半角/全角」キーを押しても日本語入力ができない場合、入力方式が日本語になっていないことが考えられます。以下の操作手順を行って、日本語IMEを既定の言語として設定しましょう。

  1. タスクバーのWindowsアイコンをクリックし、「設定」を選択。
  2. 設定メニュー内の「デバイス」を選択。
  3. 「入力」→「キーボードの詳細設定」を選択。

  1. 「既定の入力方式の上書き」のメニューを「日本語 - Microsoft IME」や「日本語 - ATOK」などに設定する。

  1. メモ帳やブラウザなどに文字を入力してみて、改善されているかどうかを確認する。

キーボード入力ができない時は原因を究明し、それに合った改善策を講じよう

キーボード入力に不具合が発生したら、まずは原因を探りましょう。キーボードとパソコンのどちらに原因があるか見当をつけてから、具体的な対策を講じます。もしパソコン側に問題がありそうであれば、「パソコンの再起動」や「キーボードドライバーの更新」などを試してみてください。

どうしても入力がうまくいかない場合は、パソコンメーカーに問い合わせたり、業者に修理を依頼したりするのが良いかもしれません。

【関連記事】
キーボード入力で大文字になるときの対処法! パソコン・スマホどちらも解説
【Word】上書きモードでイライラ! Wordトラブル対処法【後編】

page top