共働きのリモートワーカーたちは、どんなことに不満を抱いている?

新型コロナウイルスの影響により外出自粛要請が出されて以降、リモートワークで働いている方も多いのではないでしょうか。中には、パートナーとともに在宅勤務中の方もいるはず。編集部では、25~34歳のビジネスパーソン225人に「リモートワーク」に関するアンケートを行い、さらに「共働きでリモートワーク中」の方々に、現在感じている不満について答えてもらいました。どんな意見が集まったか、早速見てみましょう。

f:id:doda-media:20200503142708j:plain

共働きでリモートワークしている人はどれくらいいる?

アンケートに回答してくれた方の中から、共働きでリモートワークをしている方の割合はこちら。

f:id:doda-media:20200503142758j:plain

している…46.2%
していない…53.3%
その他…0.4%

半数近くの方が、パートナーと同じ場所で仕事をしている状態にあることがわかりました。

共働きのリモートワークに不満を感じている人が多数!

それでは、夫婦やパートナーでリモートワークをしている方は、この状況をどう感じているのでしょうか。

f:id:doda-media:20200503142919j:plain

いつも感じている…32.7%
時々感じる…47.1%
あまり感じない…11.5%
まったく感じたことはない…8.7%

なんと、8割近くの方が、今の状況でともに生活する上での不満があるそう。慣れない環境で働いている上に、パートナーと終始一緒にいることで、余計にストレスを感じているのでしょうか。

パートナーにどんな不満を感じる?

先ほどのアンケートで「不満を感じている」と答えた方に、どんな不満を抱いているか聞いてみました。

<パートナーと一緒にいる時間が増えた中、具体的にどんな不満を抱いていますか?>

「昼ごはんの準備に困る」
「子供がいても知らん顔」
「プライベートとの切り替えが難しい」
「集中したい時に話しかけられる」
「いつも一緒にいる環境は息が詰まる」
「パートナーがリモートワーク用のために机、モニターなどを買っており、基本的に家に物を増やしたくない自分はストレスが溜まる」

「家事や育児の分担」と「スペースの共有」を不満の種として挙げる方が多い結果となりました。つい自分の仕事を優先しがちですが、パートナーも同じく働いている身。一方的な振る舞いはNGです。

共働きリモートワーク中の不満、どう乗り越える?

さて、不満を抱えている人たちは、どのようなことを意識して生活しているのでしょうか。

<共働きでの不満を乗り越えるために工夫していること、意識していることがあれば教えてください。>

「お互いの家事を分ける」
「二人とも在宅ワークの日は別々の部屋で仕事する」
「出前を積極的に利用する」
「二人の時間をできるだけ多く作るように工夫」
「家族みんなで一緒に遊ぶ時間とそれぞれの自由時間を設けることにしている」

共働きのリモートワークが突然始まった方も多いと思いますが、ストレスなく働くためには、「自宅のスペースをどう使うか」「家事や育児はどう分担するか」といった家庭のルールを決めることがうまくいく秘訣のようです。

なかには「子供たちも巻き込んで、パートナーがいてくれて嬉しいオーラを出すようにしている」といった回答も。非常事態の今こそ、一緒に過ごす家族を思いやりながら、新しい働き方を模索する必要があるのかもしれません。

【関連記事】
共働き夫婦が直面する前に知っておきたい、子育て支援のための制度や企業の取り組みは?

文=田中ラン
編集=五十嵐大+TAPE

■調査概要
実施期間:2020年4月20日~21日
手法:インターネットアンケート
モニター:Fastask
サンプル数:225名
対象:全国の25〜34歳の男女 会社員・公務員

【関連記事】
リモートワークで残業は増えた? 減った? ビジネスパーソンのはたらき方はどう変わったのか
リモートワークを体験してみてわかったメリット、デメリットとは?ビジネスパーソンのリアルな声

page top