【睡眠専門医に聞いた】「ショートスリーパー」の見極め方とは?知られざる“短時間睡眠体質”の実態

歴史に名を残したフランスの英雄・ナポレオンや、アメリカの発明家エジソンが「4時間しか寝ていなかった」というのは、非常に有名な話です。彼らは短時間の睡眠で健康を保っていたといわれていますが、はたして本当に“ショートスリーパー”は存在するのでしょうか。今回は、日本睡眠学会専門医の中村真樹先生に、知られざるショートスリーパーの実態について教えていただきます。

f:id:isodai:20200518145927j:plain

睡眠時間は何時間で足りるの? ショートスリーパーの実態

個人差はありながらも人間の身長や体重がある程度同じであることと同様に、平均的な睡眠時間もだいたい同じくらい。しかし、その中でも短い睡眠時間で効率よく疲れをとる人もいれば、長時間の睡眠が必要になる人もいます。前者の「ショートスリーパー」は短時間睡眠体質と呼ばれるもので、6時間未満の睡眠でも健康を維持できる人を指す言葉です。

ショートスリーパーって本当にいるの?

先述したように、短時間の睡眠で健康を維持できるショートスリーパーの方はいますが、人数自体は非常に少ないもの。最近では、“寝ていない自慢”をする自称ショートスリーパーも見かけますが、彼らが本当に短い睡眠時間で健康を維持できているかはわかりません。

実は、ショートスリーパーを見極めるのは非常に簡単で「遮音と遮光に配慮した寝心地の良いホテル(空間)に泊めて、目覚まし時計はかけずに好きなだけ眠らせて、自然に起きる時間を計測する」だけ。ショートスリーパーの場合には自然に4~6時間後に目が覚めてそのまま起きて活動できますが、自称ショートスリーパーの場合には連続して、あるいは2度寝・3度寝して8時間以上、ときには12時間も寝てしまうことも……。

また、ショートスリーパーは日中に眠気を感じません。いくら自分のことをショートスリーパーだと言っている人がいたとしても、日中に会議や電車の中で居眠りをしていたら、本物の短時間睡眠体質ではないのです。つまり、どんな空間で寝ても自然に4~6時間で目が覚め、日中眠くならない人がショートスリーパーだと判断する一つの基準となります。

人口当たりのショートスリーパーの割合

ショートスリーパーの正確な割合は算出されていませんが、約1%未満の割合で存在すると言われています。割合を考えると本当のショートスリーパーはごくわずかと考えられるでしょう。

ショートスリーパーであったとされる偉人は多いですが、実は「ナポレオンは行軍中の騎上で居眠りをして落馬した」「エジソンは『思索の時間』と称して、目をつむって過ごしていた」など、数々の噂も……。真偽は明らかではありませんが、本当に3~4時間の睡眠で足りているのであれば居眠りや仮眠は必要ないはずです。

普通の人でも、ショートスリーパーを目指せるの?

「睡眠時間を削って、仕事やプライベートに使う時間を増やしたい」という気持ちは分かりますが、ショートスリーパーを目指すのはNG! ショートスリーパーはもともとの体質であり、目指してなれるものではありません。もちろん短時間睡眠を意識的に行うこと自体は不可能ではないですが、確実に生産性は低下していきます。睡眠時間を削って2時間多めに仕事ができたとしても、眠気のせいで日中の6~8時間をムダにしてしまうと意味がないのです。

実際に「連日5時間睡眠を行うと、日を追うごとにミスの増加に繋がる」という実験結果も出ており、睡眠不足が仕事に悪影響をもたらすのは明らかです。慢性的な睡眠不足が心とからだに与える影響を理解したうえで、自分に最適な睡眠時間を見つけていきましょう。

睡眠時間を確保して、労働効率を上げるべし

活動時間を増やそうと、短時間睡眠を目指しているビジネスパーソンもいるかもしれません。しかし、適切な睡眠時間を確保できていないと疲労回復や記憶の整理が行えず、結果的に心とからだに大きなダメージがかかってしまいます。「心身の健康は、十分な睡眠から」と心に留め、しっかりと睡眠時間をとるように心がけましょう。

【監修】
中村真樹●日本睡眠学会専門医。2008年睡眠総合ケアクリニック代々木に入職。2012年、同病院の院長となり、睡眠で悩むビジネスパーソンを月に300人以上診察する。2017年6月には青山・表参道睡眠ストレスクリニックを開院。
https://omotesando-sleep.com/

文=山本杏奈
編集=五十嵐 大+TAPE

【関連記事】
【睡眠専門医に聞いた】「8時間が最適」は本当? 自分に合った睡眠時間を知る方法
【睡眠専門医に聞いた】「休日の寝だめ」は意味がない?ビジネスパーソンの疲れを効果的にとる睡眠方法
【睡眠専門医に聞いた】就寝前の些細な行動で“眠り”が激変! 睡眠の質を上げるためのコツ
【睡眠専門医に聞いた】睡眠時間は90分で区切ると目覚めがいいって本当? 睡眠にまつわる噂Q&A
【睡眠専門医に聞いた】睡眠のゴールデンタイムは存在しない?! 20代のための質の高い眠り方

page top