「残業」の記事一覧

【社労士に聞く】残業代の計算に関する基礎の基礎!働いた分はしっかりもらいたい!

労働者たるもの、残業した分はしっかりもらいたいものです。そして、残業代をしっかりもらえているかどうかを確認するのも、使用者と労働者の信頼関係を維持するための1つと言えるでしょう。そこで今回は、株式会社リーガルネットワークス社会保険労務士の勝…

【はたらくクイズ】残業が少ない・多い職種って? 職種別の残業時間を紹介!

世界基準で見ると、残業が多いと言われる日本企業。実際のところはどうなのでしょうか? そこで、ビジネスパーソン15,000人へのアンケート調査を元に、職種別の残業時間にまつわる3つのクイズを出題します。目指せ、全問正解!

上司との関係を良好に保つ「後腐れのない残業回避術」

“ワークライフバランス”を重視した働き方が普及しつつある現代において、「上司との付き合い残業」は、なるべく避けたいことの1つです。ただ一方で「上司が残業しているのに部下が先に帰るなんてあり得ない」といった考えを持つ上司もいるかもしれません。そ…

リモートワークで残業は増えた? 減った? ビジネスパーソンのはたらき方はどう変わったのか

新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大を受け、4月7日に発令された緊急事態宣言。外出自粛と人と人の接触の8割減が必要とされ、全国でリモートワークが広がっています。そこで今回、編集部ではリモートワークに関する実態調査を行いました。

残業は「減った」vs「減っていない」、どっちが多数派? 働き方改革、現場の声を聞いてみた

残業時間の軽減や有給休暇の取得推進、副業解禁、新しい働き方の導入など、さまざまな「働き方改革」に取り組む企業が増えているといわれている昨今。みなさんは、その効果を実感できていますか?

1日8時間以上働くのは法律違反…? 改めて覚えておきたい労働時間の基本

「今日は残業しないといけない!」会社員として働いていると、残業する日もありますよね。でもちょっと待って! ビジネスパーソンの労働時間は労働基準法で定められています。知っているようで知らない労働時間の決まり。ここで改めて確認してみませんか? …

【となりのシバ男とシバ子】 帰るタイミングで仕事を振られることってある?

「隣の芝生は青くみえる」といいますが、欲を言うなら、タテマエではない本当のところを聞いてみたい。 そんな、気になるおとなりのホンネ情報を「マジしば」と呼び、仕事そっちのけで「マジしば」探求に情熱を燃やしがちなシバ男くんとシバ子さん。 マジし…

最近よく聞く「年俸制」。「月給制」との違いや、メリット・デメリットは?

近年、求人情報の給与欄でもたまに見かける「年俸制」。 この制度の給与形態、またボーナスや残業代などの仕組みは一体どのようなものなのでしょうか。 今回は、年俸制について理解しておくべき知識や月給制との違い、年俸制のメリット・デメリットについて…

【はたらくZOO】vol.10 残業大好き、キリンくん

動物の世界にも、われわれ人間と同じように社会があります。 スマートで品行方正なエリートから、アニマルというよりもはやモンスターへと進化(?)してしまったヤッカイな方まで、、 ちょっとオカシなキャラクターたちが巻き起こす人間ならぬ動物模様を、…

4月1日から施行の"働き方改革" 実際に取り組んでいる企業数は何割くらい?

株式会社あしたのチームは、中小企業経営者を対象とした働き方改革の実態に関するインターネット調査を実施しました。

【となりのシバ男とシバ子】直行・直帰、前後何時間くらいなら認められる雰囲気?

「隣の芝生は青くみえる」といいますが、欲を言うなら、タテマエではない本当のところを聞いてみたい。 そんな、気になるおとなりのホンネ情報を「マジしば」と呼び、仕事そっちのけで「マジしば」探求に情熱を燃やしがちなシバ男くんとシバ子さん。 マジし…

【小山龍介のノー残業術】仕事を効率化し、残業をなくす3つのメソッド

「就業時間内に完了すべき課題が片付かず、やむを得ず残業……」。多くのビジネスパーソンが抱える、共通の悩みといえるでしょう。人によっては「残業をしないと仕事は終わらないもの」と思っている人もいるかもしれません。

「いま結婚しやすいのは男性?」「結婚すると労働時間が長くなる?」データから見る結婚の実際!

『自分らしいライフスタイルを送るには、何が必要なのか…』

人間は働きすぎ!? ライオン、シロナガスクジラ、モグラ…、動物たちの労働時間調査!

海外に比べて、働き過ぎと言われる傾向にある日本人。労働基準法で、1日の労働時間は8時間までと定められていますが、20代の1カ月あたりの平均残業時間は27.8時間(DODA調べ)となっており、誰しもが定時で帰れる生活を送れているというわけではないのが現実…

これがあればあなたも「できる人」! 最強のTODOリストで仕事時間を最短に

締め切り前はいつも残業している。スケジュール通りに仕事が終わらないせいで、プライベートの時間が割けない。とにかく仕事が遅い……。働き盛りのビジネスパーソンからは「仕事のスピード」に悩む声が多く聞かれます。

「doda」が”残業時間”についての調査結果を発表 「減った」が「増えた」を上回る

パーソルキャリア株式会社が運営する転職サービス「doda(デューダ)」は、「この1年で残業は増えたか、減ったか。その要因はどこにあるのか」について調査を行い、その結果を発表しました。

「残業をしない人」になるために必要な5つのテクニックとは?

終電間際の電車に一人しらふで揺られていると、「なんでこんなに毎日、残業しているんだろう?」と、ふと切なくなってしまうこと、ありませんか?

【業種別】1日の「自分時間」「残業時間」はどれくらい? ワークライフバランスの実態調査!

働く若者たちの「自分時間」と「残業時間」はどうなっているのか!? そんな疑問から、はたらき世論調査では、24歳から35歳のビジネスパーソン648人の「自分時間」と「残業時間」を徹底調査!

残業が一番多いのは東大卒!? 有名大学対抗ワーカホリック選手権(関東編)

「東京大学はマジメ」「早稲田大学はバンカラ」「慶應義塾大学はスマート」などなど。

貧乏暇無し、、、じゃあ金持ちには暇がある? 職種・業種別の帰宅時間をランキング!

「業種」「職種」「エリア」の3つの切り口で、帰宅時間をランキングしました。

【年齢別】1日の「自分時間」「残業時間」はどれくらい? ワークライフバランスの実態調査!

自由に使える時間がたくさんあった学生時代とは違い、社会人になると自分の時間と仕事の時間のあいだでバランスをとることが必要になってきます。

【いくつ当てはまる?】仕事が遅い人がやってしまっている4つの習慣

あなたは仕事が速い人ですか? それとも遅い人ですか?

働き方の変革を! 残業・休日出勤・長時間労働をなくすために私たちが今すぐ実践できること

労働に関するさまざまな問題が取り沙汰される昨今、生活スタイルや価値観の多様化に伴い、働き方の変革が必要不可欠であることは、今や明らかだといえます。なかでも根深い課題とされているのが「長時間労働」について。

えっ、もしかして残業しすぎ? 業種・職種別の残業時間ランキング!

残業が当たり前のものとされる業種や職種もある一方で、ほとんど毎日定時に帰れるところもあります。実際のところ業種や職種によって、どれほどの違いが生じるのでしょうか?

【仕事が断れない方必見!】キャパオーバー回避!上手な3つの仕事の断り方

上司や先輩に仕事を頼まれたら断れずキャパオーバーに… 突然、上司や先輩が仕事を振ってきた!

仕事の効率が良い人ほど、平日夜に予定を入れている!?「強制的に締め切りを作り出す」ことが効率化のカギ!

月曜日から金曜日の5日間、夜遅くまで残業……。「周りには定時に帰っている人がいるのに、なんで私だけ仕事が終わらないの?」と思ったことあるのではないでしょうか?

忙しいのに残業しない!?メリハリが上手い先輩社会人に聞いた、5つの定時ディフェンダーへの道

毎日毎日残業ばかり……。時には、残業しなければならないこともあると思いますが、もはや、残業することで「仕事している感」に浸っている人が多いのではないでしょうか?

残業時間が長い人に「広い部屋」は必要なし!?「狭い部屋」でも不満じゃない!?そんな、ひとり暮らしの実際とは。

『自分らしいライフスタイルを送るために、何が必要なのか』

「私はこれで、残業が1時間減りました」、すぐに使える、業務時間をぐっと削減する5つのポイント

来る日も来る日も残業続き……。体がヘトヘトに疲れ果て、夜も寝られないまま朝を迎えて出勤する。

page top